« 徳島の山を展望する | メイン | ビオラが育ってます »

2006-11-21

蕎麦干しの光景

徳島の山並みを見るドライブは蕎麦干しの光景を眺めるドライブでもあった。

何年か前に、やはりこの場所を通りかかったとき、ガードレールに刈り入れしたソバを干してある光景が見られた。

山間部に行くと、日当たりの良いガードレールは格好の干し場になるらしく、稲刈りした稲や布団やその他いろいろなものを干してある光景に出くわす。

車道から少し下側の山の斜面を切り開いた畑の中に農家が一軒建っていて、家の周囲にソバをハゼに干してあるのが見える。車道から下らないと画像は撮れないな~と思っていたら、もう少し車道を登ったところから道沿いにハゼが見えた。

P1000152 

車も入れそうな道だけど、歩いても直ぐ近くなので、車を車道の縁にとめてゆっくりと歩く。

初夏にはこの辺りでは珍しく、ちっぽけな田んぼがあった場所だ。

P1000197 斜面に柿の木が一本生えていて、赤い実がまだ20~30個見えている。今年は山の木の実が少ないと言うけれど、この辺りの柿はまだまだ実をつけたのが多い。

空の青とオレンジ色の実のコントラストがたまらないほど綺麗。だが、肉眼でははっきりと見えるその様子をカメラで再現する事の難しさ・・・。

P1000178 カーブを曲がったらこんな眺めが現れた。

車道沿いに何本もの支柱を立てて横木には長い竹を渡してある。道は緩やかなカーブを描いて伸びているが、竹の横木もカーブに沿ってうまくしなるのだ。

農家の方の知恵に脱帽である。

画像奥に見えている農家の方が保存食用にこうしてハゼにソバや大豆を干してあるのだろう。

たぶん数十年もこうして毎年ハゼつくりをしてきたのだろう。昔からの農作業の光景は見ていてもほのぼのとしてどこか懐かしい。

P1000183

刈り入れて綺麗に束ねられ干されたソバ。

P1000190 一部に大豆も干されている。

讃岐では私が子供の頃には大豆は畦豆と呼ばれていて田んぼの畦に植えられたものだ。県土が狭い讃岐ではそんな風にして畦といえども土地を無駄にすることはなかった。ところが今では畦はすっかりコンクリートにとって代わられ、今では大豆は普通の野菜と同じように畑で作られるようになってしまった。水田の畦に枝豆が植わっているあの懐かしい光景は、もう見るべくもない・

P1000188_1

ハゼの横木の竹の間から見える徳島の山々。

こんな光景が毎日見れたらどんなに素敵だろうと思う。

P1000181

場所を変えて眺めた山里の畑。

今の時期はすでに収穫も終わっていて、特に植わっているものもないが、畑の描く曲線が美しいと感じたのは、画像を後でモニターで確認したときだった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/6650379

蕎麦干しの光景を参照しているブログ:

コメント

徳島なんですね
懐かしい感じがします
でも、私が育った田舎は こんなに山間という風ではないのですが、なにか共通するものがあるのでしょうね
行ってみたいなぁ・・・

日当りを確保するやり方、なかなか素晴らしいですね
道路っぷちにはさぎを立てているのは初めて見ました
蕎麦は北海道には沢山植えられているのに、干しているのを見たことはありません
乾燥機なのかしら。。。

とにかくいい光景ですね~♪

こんにちは。
とーしと申します。

写真を見て、電柱が倒れる、大変って思ったら、写真自体傾いでるんですね。

ガードレールに布団とは、さすが四国は猛者ぞろい。

コチラでは、道路わきに防雪柵という吹雪よけの柵があったりしますが、横木が道に沿って連なっているのは不思議な風景です。

yuukoさん、こんばんは。
この山村は香川と徳島の県境になっている阿讃山脈の南側にある集落です。
夏から秋にかけては蕎麦の真っ白な花がガスの中、煙っているように咲く場所でもあります。
一方、すっきりと晴れた日はこんなにのどかな光景が広がる場所でもあります。
しかし、吉野川を隔てて向こう側に聳える山々は、走っている車道もうんと狭くて、軽4でないと走れないような道ばかりです。
冬場の1月2月はこの集落も雪が少し積もるでしょうね。
四国にいらっしゃるのでしたら早春か秋が良いですよ。
うどんも蕎麦も美味しいですよ~。
そして、瀬戸内の魚介類は北海道とは一味違うと思います。
私も蕎麦干しで検索かけてみましたが、あまりヒットしないようです。信州にしても黒姫方面にしても秋の日照量が確保できないので機械に頼るのかも知れません。

とーしさん、いらっしゃいませ。
時々、yuukoさんのブログでお名前と撮影された画像を拝見しております。
yuukoさんんとはカメラも共有されているのでしょうか?
同じ光景を同じカメラで撮影しても、不思議とそれぞれの個性が出ますね。
今回の画像はすべてLUMIXで撮影したものですが、小さいカメラなのでパシャパシャと、あまりにも気軽に撮影出来るので、カメラの傾きに気付かなかったのかも知れませんね。それと私がカメラを縦に構えるときの癖なのかも知れません。
ガードレールに布団という光景はこちらではよくありますよ。
私が子どもの頃は屋根の上に干したものです。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく