« 初秋の低山にて、その1 | メイン | 初秋の低山にて、その3 »

2007-09-16

初秋の低山にて、その2

車で8合目まで上がってしまうので、ごくごく気軽な散策です。しかし、野草のポイントポイントで車をとめては秋の野草を楽しみました。

P1150198

アレチヌスビトハギの花を見つけました。帰化植物ですが、最近山でも良く見かけます。8月末の高越山でも咲いていたのですが、画像を失敗したのでした。しかし、あのときはまだ花の咲き始めで実がなっていませんでした。

P1150195 しかし、今度は実もたくさんなっていました。

アレチヌスビトハギの花は綺麗で、在来種のヌスビトハギの花の3倍はあります。草丈もかなり高めです。

勿論、果実も大きいですよ。

P1150232 幸いなことに、山頂では在来種のヌズビトハギが咲いていました。花はごく小さくて可憐です。一つの花の大きさは5mmほど。

P1150233 ヌスビトハギの果実です。

果実の形が盗人の足跡に似ているからと言うことから、この名がついたとか・。可愛い花に似合わないネーミングです。

しかし、この名もインパクトがあって、一度聞くと忘れそうもないでしょう?

P1150209 やはりピンクや紫系の色の花、クズです。

花は甘い香りがして、今年は特に花を良く見ます

P1150205 そして、今年初めてのヒヨドリジョウゴの花にも出会えました。真っ赤な実になるのは後一ヶ月後ぐらいでしょうか。

真っ赤な実がいっぱい舞っている様は秋の山ではとてもよく目立ちます。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく