« フクジュソウのお花見に、その9、シロバナネコノメソウ花芽 | メイン | ケスハマソウ、その1 »

2008-03-28

フクジュソウのお花見に、その10、ミツバツチグリ

少し薄暗い道路の法面に、何か白いものが点々と見えます。

行きがけにもみえたのですが、行きは何しろ先を急いでいたので、止まることをしませんでした。

白い花はヤマルリソウだったのですが、中に一輪、鮮やかな黄色で咲いている花が見えあす。

P3216880_2

香川の里山でよく見るキジムシロとはちょっと違いますね。高山で見るキンバイに似ているような・・。ミツバツチグリなのでした。小葉が5~6個のキジムシロと違い、ミツバツチグリは3個です。花だけ見ているとまるで区別がつきません。

P3216868_2 ここの場所のヤマルリソウは白っぽい花ばかりでした。ヤマルリソウは咲く場所によって濃いブルーだったり白っぽかったり、ピンクがかったりします。

P3216866_2 この花などほとんど白花といってよいぐらいですね。

P3216872_2 ヤマルリソウの0株の間からキツネノカミソリの葉っぱが出てきてます。香川の沢にも同じような場所があります。

良く見ると画像の中にはゲンノショウコのような葉っぱもたくさん見えています。

P3216904_2 展望の良い場所に来たので、車を下りて眺めてみました。西の方角に見える山々ですが、すでに夕暮れのような気配ですね。

P3216893 近くに丁度スミレが咲いています。

太刀壷墨rふぇの仲間だと言うことはわかりますが、香川にはナガバノタチツボスミレしか分布しないらしいので、普通のタチツボスミレと言うものをあまり見たことがなくて、同定に悩みます。

P3216900_2 横から距の形を見ます。

P3257384_2 因みにこちらは香川の里山に咲いていたナガバノタチツボスミレです。タチツボスミレとナガバノ・・の違いはナガバノ・・・は茎葉が三角状楕円形であること、托葉の裂け方が粗いことだけだそうです。

二枚上の徳島で見たスミレは根性葉と茎葉の形がほぼ同じに見えるので、タチツボスミレと思いますがいかがでしょう?

P3216910_2 しばらく走ると、またまた、スミレの群生に出会いました。

上からこちらをじっと見つめているようなたくさんノスミレ・・・。

P3216906 夕暮れの気配を漂わせた空気の中で、スミレの色は素晴らしく素敵でした。

いつまでも見ていたいほどです。

私はつくづくスミレが好きだな~と思いました。

P3216911 石の隙間から顔を覗かせているスミレ・・・。

けなげとはこんな咲き方を言うのでしょうね。

阿讃の山を越えて香川側に入ったのは5時半頃でした。

P3216912 自宅近くまで帰ってきたら夕日が沈もうとするところでした。

朝10時出発と、のんびりとしたドライブでしたが、予想以上にいろいろな花に出会え、今年初の徳島散策は満足の花ドライブになったことでした。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく