« 憧れのマンサクを見に行く、その5、シロバナショウジョウバカマ | メイン | 春の野草、その1、ユキモチソウ »

2008-04-23

憧れのマンサクを見に行く、その6、エナガ

午後4時、山を下り始めます。自宅まではざっと2時間ちょっとでしょうか。

タムシバの花が咲いている辺りを通っていると、野鳥がいっせいに飛び立ちました。木をねぐらにしていたのが、車のエンジンの音にびっくりして飛び立ったようでした。

タムシバの花を撮影しようと思い、カメラを構えたら、近くの木々に先ほど飛びたったばかりの野鳥がいっぱいとまっています。

P4110356

今まであまり見たことのない野鳥だったですが、すぐに「エナガ」という名前が浮かびました。尾が細長いので、そう思ったのかもしれません。先ほど検索したら、その直感は当たっていたようです。

体に黒、白、茶色の3色が入っており、まるで三毛猫みたいな色の小鳥だな~と思いました。

P4110358 体は毛のせいかもしれませんが、丸っこいですね。

P4110359 向こうを向いているのか顔が見えませんが、毛の模様はわかりやすい画像です。

P4110369 エナガだけではなくて、シジュウカラもいるようです。

P4110373 どこか向こうのほうを見ているシジュウカラ・・。

P4110362 こちらもまるで真っ白な小鳥が飛んでいるように見えるタムシバの花です。

P4110389 登りの時に見つけていたミツバツツジです。

P4110392 道路の上の方から枝垂れて咲いているのが見事です。

P4110393 沢をはさんで対岸の山の斜面には桜が丁度綺麗に咲いている家が見えます。標高700Mぐらいの山の斜面に建っている家です。生活は不便でしょうが、毎日素晴らしい眺めやこんな大きな桜を眺めながらの生活は羨ましいほど・・。

P4110395 こちらは沢筋で咲いていた大きな山桜の木です。

マンサクとタムシバしか咲いていない早春の山から、早くも桜が咲く場所まで下りてきたのです。

P4110398 冬枯れの木々の中で逸早く山桜だけが色のある木です。

P4110401 道路に沿ってようやく民家が見えてきました。

植栽された枝垂桜が見事に咲いています。そして、そのバックに咲いているのは、素朴な山桜です。

P4110407 枝垂桜も山里に咲くものは見事ですね。

P4110406 これも民家のそばに植わっている桃でしょうね。桜も桃も一緒に咲いています。

P4110399 山の斜面ではこんな具合に桜のところだけがピンクです。

この日は桜が満開の里からまだマンサクとタムシバしか咲いていない山の中まで、春探しのドライブとなりました。

コメント

山のところどころがピンク色になっているのは、また良い雰囲気ですね。私もこういう景色が大好きです。春ですね。

多摩NTの住人様、こんばんは。

この画像を撮影したのは、もう10日も前のことになります。先週末には県内の標高800mぐらいの山は芽吹きが始まっていて、芽吹きの色と山桜のピンクがあいまって素晴らしかったです。

山はどの時期も良いですが、4月は最高ですよね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく