« 春真っ盛りの皿ヶ嶺へ、その2、新緑とヤマブキソウ | メイン | 春真っ盛りの皿ヶ嶺へ、その4、竜神平 »

2011-05-26

春真っ盛りの皿ヶ嶺へ、その3、陣ヶ森

上林峠はこれまた綺麗な新緑の中に位置する峠で、おあつらえ向きにベンチが3つほど置いてあり、皆でいろいろと食べながら休憩を入れます。Kさんが今の時期珍しい温州みかんを皆に一つずつ配ってくれました。甘くて美味しいみかんでしたが、今の時代って、一年中みかんが食べられるようになったのですね。すごい時代になったものです。

P5158278

9時50分、今日の最初のピーク陣ヶ森を目指して歩き始めます。

Oさんが作成された「東温アルプスガイド」を見ると、尾根筋を登るようです。画像は先頭で案内してくださるOさんです。

P5158279 香川組も後に続きます。

上林峠までの湿った森とは少し様子が変わってきて、こちらは乾燥した尾根筋という感じの笹の道になってきました。

P5158281 タニギキョウの開いた花が出てきました。

先ほども一杯見かけたのですが、まだ開花してない花ばかりでした。

ここは日当たりが良いので、一足先に咲いてます。

もちろん今年の初見です。

P5158283 後方から賑やかな声が聞こえてきたと思ったら、山道を走ってくるグループがあります。

噂のトレランですね。

山道を走って登られる方々です。

どうやらリーダーの方はOさんのお知り合いの方のようでした。

東温アルプスはトレランするにも良いコースのようです。

しかし、歩いて登るだけでも苦しいのに、山道を走って登るなんて、気が知れないと言うか、私たちには到底無理です。

P5158285 白糸の滝方面への下山路の分岐です。

道標などもちゃんと整備されていて、道も歩きやすいし、整備された東温市の方々に感謝ですね。

P5158288 陣ヶ森付近はブナはあまり多くないのですが、それでも登山道の横にブナが見えました。

ブナはほんと、絵になる木だと思います。

P5158286 登山道沿いにシハイスミレが咲いていました。

香川の山ではそろそろシハイスミレも終わりなので、とても嬉しかったです。

P5158298 これは途中でOさんの知人の方が教えてくださった花で、ニシキゴロモだそうです。

丁度前日に、これとそっくりに見えるツクバキンモンソウの花を香川の山で見たばかりだったのですが、一見、ツクバキンモンソウとそっくりなのです。

P51583192 花冠の上唇が2裂して小さいのがニシキゴロモだそうです。

P5158323 これは綺麗な斑入りシハイスミレでした。

丁度見ごろですね。

P5158300 1時間ほど前に見かけたツクバネソウは花柄が長かったのに、ここのは花柄がほとんどありません。

花柄の短いのをヨコグラ型というそうで、高知の横倉山に多いそうです。

P5158304 陣ヶ森の目印でもある鉄塔のところまで登ってきました。

実はこの鉄塔まで車道がちゃんとあるのですが、一般車両はもちろん通行できないとのことです。

P5158307 香川の山で見かけるより可憐なクロモジの木が花をつけていました。

P5158308 ミツバツツジも綺麗な色で咲いています。

P5158310

10時22分、陣ヶ森山頂に着きました。

初めて踏むピークです。

P5158311 山頂は展望が余りよくないのですが、それでも1253mピークとうなめごのピークはよく見えています。

その向こうが井内峠だそうです。

P5158313 展望を少し楽しんだ後は上林峠に引き返します。

こんなに綺麗に整備された道です。

P5158317 この辺りは樹林と笹の道ですね。

P5158327 帰り道でもやっぱり綺麗なシハイスミレを見過ごして通ることが出来ませんでした(^_^;

P5158333 今年はまだナガバノモミジイチゴの綺麗な花を見てなかったので、ここで一枚撮影します。

P5158334

10時50分、再び上林峠まで帰ってきました。

木々の向こうに今から登る皿ヶ嶺が見えていますが、その前に上林峠で休憩です。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく