« 011年、秋の小豆島、その1、ダンコウバイ黄葉 | メイン | 011年、秋の小豆島、その3、,歩きながら紅葉を楽しむ »

2011-11-20

011年、秋の小豆島、その2、ミセバヤは?

小豆島問い言えば、ミセバヤにツメレンゲなのですが、今回は時期が遅かったので、あまり見ることができませんでした。それでも、咲き残りは見てきましたよ。

Pb158466

去年はミセバヤの葉が綺麗に紅葉していましたが、今年は樹木の紅葉も今一つなので、ミセバヤの葉っぱは青々としています。

Pb158480かなり高い場所に咲いている株です。

遠くて、あまり望遠が利きません。

Pb158449 カンザシキリンソウも花後の姿ですが、これは10月末に来た時も同じでした。

花の時期は6月なのだそうで、これを見るには初夏に来なければ・・・。

Pb158450tumerennge ツメレンゲもこんな感じで、花はほぼ終わっています。

Pb158464 初々しかったのは咲き始めたばかりのシマカンギクでした。

でも、以前はたくさん見かけたタンナトリカブトもリュウノウギクもほとんど見ませんでした。

今年は花は早いのに紅葉は遅れているという妙な年ですね。

Pb158465 ボタンヅルの綿毛はあちこちで見かけるのですが、今まで撮影してなくて、小豆島で撮影することになりました。

Pb158503 なぜか遊歩道沿いにメハジキが今頃咲いています。

確か夏に見かける花のはずですが・・・。

今年は10月がずいぶん暖かだったので、遅く発芽した株が育ったのかもしれません。

Pb158490 花の時期ではありませんが、小豆島に多いミヤコアオイも見かけました。

もっとも、ミヤコアオイは香川の低山では良く見かける植物です。

花を見るための小豆島訪問はやはり10月末がベストのようです。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく