« オオキツネノカミソリ、クサアジサイ、マタタビの果実ほか | メイン | 剣山にキレンゲショウマを見に行く、その1、晴れのはずが? »

2014-08-23

タヌキマメ、ヒメヤブラン、ナガバノコウヤボウキ他

タヌキマメは実家からそう遠くないところで咲く場所があります。

なので、実家の行き帰りに、たまに立ち寄り様子を見ます。

P8148291

田んぼが直ぐ近くにあるので、草刈されるようですが、それでもタヌキマメがしっかり咲いていました。

野草で、こんな綺麗なブルーの花は珍しいので、毎年眺めるのを楽しみにしています。

P8148293今年は野草は全般に花が遅れているようで、タヌキマメも咲き始めたばかりという感じでした。

いつも見かけるワレモコウも今年はまだ見ませんでした。

P8148288ツルボもほんの1~2株だけが咲いていたようです

P8148289コガンピは1株しか見ませんでしたが、花つきの良い株でした。

P8148297ちょっと離れた場所で見かけたツリガネニンジンです。

P8178429里山の山頂に咲いていたヒメヤブランです。

ヒメヤブランは以前からお気に入りの花ですが、毎年見られるわけではなく・・・というのも咲く場所は何か所か知っているものの、その場所を毎年訪れるわけではないということです。

P8138255これは私が初めてヒメヤブランを見た場所で咲いていた花です。

初めて見たのは、もう10年ほども前のことになります。

ヤブランのほうは野鳥の落とし物なのか、庭に勝手に生えてきた株が、毎年、咲きますが、ヒメヤブランのほうはなかなか勝手には生えてくれないものですね。(^_^;

P8178436ナガバノコウヤボウキの花をきちんと見たのは初めてかもしれません。

同じ山に、コウヤボウキも生えますが、花の時期がかなり違います。

ナガバノコウヤボウキのほうは花の咲く時期が早くて、8月~10月に咲きます。

コウヤボウキは秋にならなければ花は咲かず、この山を訪れた8月16日の時点では咲いていたのはナガバノコウヤボウキだけでした。

P8178431コウヤボウキの花に比べると地味目の花です。

葉はナガバノ・・・とつくだけあって長めの葉っぱです。

香川ではコウヤボウキはどこででも見かけますが、ナガバノコウヤボウキはあまり見かけません。

P8178393クサギは晩夏から初秋にかけて、野山のあちこちで目につく樹木ですね。

この日も、ほんとに良く見かけました。

クマツヅラ科の花は、長いシベが目立つものが多いですね。

もう少しすると、クサギの黒っぽい実が目立つようになることでしょう。

コメント

山仲間の純粋で神聖な領域に、いつもぐうたらの良いとこどりの話で割り込んでいます。
山登りではありませんが、二泊三日で「クラゲ水族館」「酒田の街並み」「白瀬南極探検記念館」「宮澤賢治記念館」「同・童話館」「イギリス海岸」「遠野伝承園」「奇跡の一本松」「がんばろう石巻の看板」などを、上辺だけ見て走ってきました。泊まりは秋田の健康ランド・陸前高田の民宿。曇り空や、このところのスコールで、月山とかの美しい山並みには縁がありませんでした。石巻の看板は、新聞等でも報道され有名ですが、そのわきに献花台や記帳台が設けられ、そばに高さの違う、小さな椅子が三個固定されていました。聞くところによると、看板を設置した方のご友人で、三人の幼児を震災で失ったお父さんの手作りだそうです。高さの違う椅子に兄弟を連想して、ジンときました。陸前高田からの海岸線はまだまだ傷痕だらけです。石巻を正午に出発、福島のインターは3時に通過。翌日午前五時に帰宅しました。長距離ドライブの記録を作りました。

中村さん、こんばんは。

東北を回られてきたんですね。
岩手、秋田、山形、宮城?でしょうか?
私自身も四国生まれ四国育ちにもかかわらず、学生時代には東北を夜行列車で
一周したり、2年前には岩手の山早池峰山に登ったおかげで岩手での、宮澤賢治
の影響力の大きさみたいなものを感じましたよ。
石巻では親友夫妻が被災し、彼女たちの生活も大きく変わりました。
月山も花の多い、綺麗な山のようですね。
いつかは、鳥海山と共に登って見たい山です。
東北の木々の大きさに圧倒されませんでしたか?
20mほどもの高さの針葉樹をあちこちで見かけ、風土の違いみたいなものを
感じました。
子供さんの被災はやり切れませんね。
私も石巻の大川小学校付近の寂寞とした様子に何とも言ええないものを感じました。
被災から3年経ち、復興しつつある場所もあるのでしょうが、一向に復興が進まない
土地も多いと聞きます。
ロングドライブ・・・・いろいろな刺激を受けて帰られたようです。
旅や山は、いろいろなことを考えさせてくれますね。


コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく