« 剣山、道中の花・・・ハガクレツリフネやイワアカバナなど | メイン | 剣山、小さな花を見ながら次郎笈へ »

2015-08-16

剣山、リフト沿いの花、そして行場の花

この日は娘一家が来ていたので、娘たちの朝食を作ったりしてからゆっくりと7時半に出かけてきたので、最初から往復ともリフトを利用するつもりでした。

リフト利用で登ったことも何度もありますが、リフト沿いの花たちがこんなに綺麗に咲いているのを見たのは初めてです。

P8060963

私が末っ子と一緒に初めて剣山に来たときも、リフト沿いにはいろいろな花が咲いていました。

当時小学生だった末っ子が、もう大学を卒業したのだから、やっぱり13~14年前の話ですね。

その頃もリフトに乗っていいると、足元にユウスゲやら、シコクフウロやらが咲き乱れてましたが、今ほどは咲いてなかったような気がします。

P8060962

キレンゲショウマもリフトに乗ってるだけでお花見ができます(^_^;

P8060969

よく見ると、リフトに沿って金網が張り巡らされてあって、シカが入れないようにしています。

だから、綺麗に咲いているんですね。

ただ、ヒヨドリバナにアサギマダラがとまっているのをたくさん見たのに、リフトが動いているためピントが合わなかったのだけが残念でした。

P8060981

西島に着いて上を見上げたら、早くもぼんやりとガスっています。

この日の一番の目的はキレンゲショウマを見ることなので、、まずは行場に向かいます。

P8060987

家族連れなども多く、最近の山人気に思わず笑顔になりました。

登られる方たちの足元にはオトギリソウがいっぱい・・。

P8060989

シベの目立つ大きめの花を咲かせているのはタカネオトギリです。

乾燥した笹原などに多いです。

P8060991

こちらはナガサキオトギリかな?

株の上の方で枝が分岐しています。

P8060994

ずいぶん小さなイブキトラノオを見かけました。

6月に中津明神山でたくさん見た大株のイブキトラノオとはずいぶんな違いです。

10年以上前のシカの食害がそれほど深刻でなかった頃は、この辺りはイブキトラノオが結構生えていたと記憶しています。

P8060996

ナガサキオトギリの群生…可愛いですね。

剣山ってこんなにオトギリソウの仲間が多かったんだと、あらためて思ったことでした。

P8060997

上から眺めると車道もぼんやりと霞んでしまっています。

ガスが湧いてきたようです。

P8060998

5月に見かけたズダヤクシュはもう花後の姿のようでした。

P8061008

刀掛の松から行場へ向かいます。

刀掛の松のところには以前はシコクフウロがたくさん咲いていたのに、それも消えていました。

↑その代わり、シカが食べないカニコウモリだけは大群生です。

P8061010

この前の台風のせいで遊歩道が崩れてしまったそうで、一の森へと向かう道は通行止めです。

P8061013

大山の草丈50センチ以上もあるシコクフウロと違い、小ぶりなシコクフウロ・・・。

10年前から比べるとシコクフウロもずいぶん少なくなりましたが、団体さんをガイドしていたガイドさんは「今年はシコクフウロの花が多いね」と話していました。昔はこんなものじゃなかったと思うのは私だけ?

P8061016

毎年見ている場所で、今年もソバナが咲いていました。

剣山の行場で咲くソバナはどこで見るソバナよりも美しいと思います。

P8061019

白花のソバナも咲いていました。

P8061035

ソバナの後ろの黄色いボケはもちろんキレンゲショウマです。

P8061045

ナンゴククガイソウも少し咲いていますが、花はもう終盤でした。

P8061048

これはツルギハナウドと言ってシシウドと似ていますが、保突一つの花の大きさが違うのが特徴です。この花を私は剣山と東赤石ぐらいでしか見たことがありません。

P8061058

キレンゲショウマの圧倒的な黄色の中では目立ちませんが、キツリフネも咲くのですね。

P8061069

早くも咲いていた秋の花…アキチョウジ。

そういえば、去年も咲いてましたっけ。

P8061087

ヒナノウスツボにはアブがとまっていました。

P8061088

ヒナノウスツボの花はこんな地味な花です。

コンデジで撮影していたときにはピントが合わず、困った花です。

これも後ろのボケはキレンゲショウマです。

P8061116

今年はギンバイソウの良い時期に来たようです。

P8061117

2輪とも見頃ですね。

P8061124

こちらは白いヤマアジサイ・・・。

P8061125

オタカラコウも綺麗に咲いていましたが、行場にオタカラコウが咲くなんて、初めて知ったかもしれません。いつも、メタカラコウだったかオタカラコウだったか、度忘れしてしまいます。

今年はキレンゲショウマ以外の花も綺麗に咲いていて、ほんとに良い時期に来たと思いました。

コメント

初めて聞くオトギリソウの名前、タカネオトギリ、ナガサキオトギリ。
いろんなオトギリソウが有るのですね。
花の山、今のシーズンは人の山となっているのでしょうね。
まるで大山の夏山道のようにね。
でもここは目的が皆同じと言うのがいいですね。

ヨックさん、こんばんは。

オトギリソウはいろいろな種類があって、まだ見たことのないものもあります。
大山にもダイセンオトギリ以外にもサワオトギリなどは咲くんじゃないでしょうか?
ただ、ルーペを持って黒点や明点を観察しなければ、きちんとしたことはわからないと
聞いているので、難しい花ですね。
タカネオトギリとナガサキオトギリは中では比較的同定しやすい花ですよ。
剣山のキレンゲショウマは丁度お盆前後に咲く花なので、それもあって、この時期に
人が多く訪れるようです。
それでも、私が行った日はお盆前の平日だったので比較的静かでした。
登山道で出会った人の中にはキレンゲショウマのことをご存じない方もいらしたようで
やはり山頂だけが目当ての人もいらっしゃるようですね。
でも、キレンゲショウマはやっぱり一見の価値のある花ですよ。
クガイソウやシモツケソウのように、どこででも見られる花ではないだけに、今年も
会えたと・・・・・しみじみと眺める花です。

keitann様 こんにちは
キレンゲショウマ以外にも、素敵は花がわんさかと出てきましたね。
こんな時間なのにユウスゲが咲いていたり、イブキトラノオが出てきて、白花のソバナまで見たり、ナンゴククガイソウまでありましたね。
キツリフネもきれいな姿でした。
ヒナノウスツボですが、小生はまだ本物を見たことがないのです。
ギンバイソウも時季がぴったり合いましたね。
オタカラコウも颯爽とした姿でこうみれば、これも立派なものです。
この時季にこれだけの花に出会えるなんて、このルートも大したものです。

ぶちょうほう様、こんばんは。

今日はいろいろとありがとうございました。


剣山はもともとは花の山で、石鎚よりも花の種類も多いと思います。
ところが、シカの食害で過去10年は、お花畑が食べられてしまい、ほんとに
無残な姿になりました。
7年ほど前から地元の方たちが、シカの入れないようにネットを張ったり
テキサスゲートを設けたりと、いろいろな試みをされて、それが功を奏して
いる場所は再びいろいろな花が咲いているようです。
今年はそれらの花の丁度の時期に行き合わせたようです。
ヒナノウスツボは四国の山には意外と多くて、あちこちで見ることができます。
地味な花ですが、地味さがこの花の存在感なのかもしれませんね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく