« 3年ぶりの北アルプスへ、その15、槍を見ながら歩く | メイン | 3年ぶりの北アルプスへ、その17、鎖場通過 »

2017-09-19

3年ぶりの北アルプスへ、その16、クモマスミレ、咲いてた

登山道を歩いていると、稜線の南側はところどころでザレたようになっています。

よく見るとクモマスミレの葉が見えるではないですか。

そういえば、7月に歩いた時に、西鎌尾根の後半ではクモマスミレをたくさん見ていました。

目を凝らして注意していると、今回も咲いている花がありました。

P8280851

↑まさかクモマスミレにまで会えるとは思っていなかったので、大喜びでした。

スミレと言うと、春の花ですから・・・・

P8280846

こういう荒涼とした場所に咲いているのがクモマスミレです。

P8280849丁度、岩の上にイワヒバリもとまってくれました。

何を食べて生きているんでしょう?

P8280852ここでもエゾムカシヨモギの花・・・

P8280853登山道はおおむね稜線の南側を巻いています。

P8280854

斜面に何やら赤いものが見えたので、驚いて撮影しましたが、この時はこれが何なのかわかっていません。

P8280856

よく見ると、葉っぱがベンケイソウの葉ですね。

イワベンケイの花後が赤く変色しているんでしょうか?

初めて見ましたけど、綺麗ですね。

P7270814因みに7月に歩いた時に西鎌尾根で見ているイワベンケイです。

普通は黄色い花です。

P8280857

この後もハイマツ越しに槍の姿を見ながら歩きます。

P8280859

ミネウスユキソウとイブキジャコウソウの可憐なツーショットもまたまた見られました。

P8280860

足元の花と、周囲の山々…どちらも撮影するので、結構忙しいです。

P8280861

シナノオトギリがまた可愛く咲いている場所を通過しました。

P8280863

下りに差し掛かったら、なんとまあ、タカネマツムシソウまで咲いていました。

これは東赤石の夏の花ですが、ここ西鎌尾根を7月に歩いた時には見てないと思いました。

P8280866

クモマスミレも、また咲いていて、西鎌尾根の花の多さに驚いてばかりです。

P8280867

なんと、カワラナデシコも咲いていました。それも1輪や2輪ではなくかなり咲いているのですが、そんなに撮影ばかりしておれませんから・・・

P8280868

↑のような下り道でカワラナデシコがたくさん咲いていました。

P8280869

南を見ると、乗鞍が見え、手前には2日前に歩いてきた左股の沢が見えています。

あそこまでは標高差1500mはあるでしょう。

奥丸山も見えていますね。

P8280870

眼下に、またまた道標が見えてきました。

千丈沢乗越ではなさそうだし??

P8280871

道標にはほぼ消えかかっていましたが「左股乗越」と書かれてありました。

ということは先ほど越えてきたのが左俣岳だったのかしらん?

P8280873

風になびく草の後ろにイワヒバリ・・・

P8280874まだトラバースが続きます。

P8280875チシマギキョウがまだ綺麗に咲いていました。

P8280876

黄色いザックを背負われているのは、初老のご夫婦で、この後私たちはこのご夫婦の後を歩くことになりました。

この日の西鎌尾根は単独の方や2人連れの方ばかりで、団体さんは見かけませんでした。

以前歩いた時もそうでしたが、個人で楽しみながら歩きたいコースですよね。

P8280877

私たちもかなり軽装でしたが、向かい側からもっと軽装の単独男性が来られました。

半袖に短パン姿です。半分走っているような姿だったので、トレランの方かと思ったらそうではないと仰っていましたが、槍から薬師、うまくいけば折立までと仰ってましたから、これはもうトレランもどきですね。

コメント

こんにちは。今頃、スミレが見られるのですか。良かったですね。イワベンケイも見たことがありませんが、花後も見てみたいですね。

多摩NTの住人様、こんばんは。

ぶちょうほう様もキバナノコマノツメをご覧になっていましたね、。
私のほうも一日目にオオバkスミレが見られなかったので、スミレは諦めていましたが
西鎌尾根は雪解けが遅かったのかまだ咲いていてくれました。
イワベンケイの紅葉、鮮やかでしたよ。

こんにちは。久々に訪れてみると、秋もスミレでしたね。
そして、槍ヶ岳の美しい画像を何枚も見せて頂き、うれしいです。
常念岳の方から?

宮迫日記様、こんにちは。
コメント頂いたのは初めてだと思うのですが、時々ご覧になって下さっているようで
ありがとうございます。
そうですね、今回は8月も終わりと言う時期だったので、さすがにスミレはもう見られない
と思っていたのに、クモマスミレを思いのほかたくさん見られました。逞しいスミレですね。
前回は西鎌尾根からの槍の姿を見られなかったので、今回はこれでもかというほどアップしました。(^_^;
表銀座方面は学生時代以来歩いてないです。
四国からだと、どうしても新穂高のほうがアクセスが良いので、岐阜側から登ることになります。それに、人もどちらかというと少なくて静かな歩きが楽しめますね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく