« 残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その1、最初から急登 | メイン | 残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その3、絶景を眺めながらモーニングコーヒーを楽しむ »

2017-11-24

残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その2、晴れてきた

鋸山と言えば、休憩するのは大岩の上ですね。

大岩の上に出たら、朝方は雲がかっていた豊受山方面もこの頃にはすっきりと見えるようになっていました。

Pb124580_2

川之江だか伊予三島だかの街並みも手に取るようにはっきりと見えます。

Pb124577_2

ただ、大岩の上にはまだ日が射しておらず、岩の上に腰かけるのは冷たいので、ゆっくりとコーヒーを飲む気分にもなれません。

次回休憩するのは、南向きの暖かい場所にしましょう。

Pb124578_2

瀬戸内海は青くて、凪いでいて、まるで大きな湖みたい・・・

Pb124584_2

結局、寒いので、休憩もそこそこに再び歩き始めました。

さすがに11月中旬の標高1000mともなると、朝のうちは寒いですね。

Pb124585_2

ノリウツギがドライフラワー状態になってますが、まだ綺麗で、青空を背景に撮影します。

Pb124594_2

大岩を過ぎてちょっと歩くとカタクリの自生地ですが、カタクリはもちろん今の時期は地中で眠っています。

↑その代わりに、ミヤコアオイらしきこんな葉はたくさん見かけました。

この仲間は冬でも常緑です。

Pb124595_2

道は平たんになってきて、落ち葉の上をカサコソと歩いていると、早くもこんな季節?と思います。

ついこの前まで暑い暑いと言いながら歩いていたのに・・・

Pb124596_2

苔の上にキノコがきれいだけど、キノコの名前はよくわかりません。

Pb124597_2

ダークレッドの葉はサンカクヅルの葉かな?

ブドウによく似た果実は見当たりませんでした。

Pb124599_2

少しだけ植林を通過します。

そうそう、豊受に登る手前にも確か植林帯があったはず・・・。

Pb124603_2

岡山の山でもそうでしたが、モミジの幼木が一人前に紅葉しているのを見ると、思わず撮影してしまいます。

Pb124604_2

今まであまり見かけなかったこんな綺麗な赤いモミジの葉も落ちていました。

絵にかいたような紅葉ですね。

検索するとオオモミジかな?とも思うのですが・・・

Pb124609_2

上を見上げると、赤い葉が残っていましたが、モミジもいろいろ種類があって難しいです。

Pb124620_2

今度はコハウチワカエデと思われる大きめの木が出てきました。

まだ葉がたくさん残って見ごたえがあります。

Pb124623_2

紅葉をバックに紅葉…

ダブル紅葉?

Pb124632_2

登山道の傾斜がだんだんきつくなってきました。

おまけに海からの冷たい風が吹きあがってきて、寒いこと。

Pb124633_2

木と木にロープが張られていて、ロープを掴みながら登ります。

Pb124634_2

振り返るとPさんも、急勾配の道をゆっくりと登ってきます。

以前も登ったはずですが、こんな急勾配の登りがあったなんて、全然記憶にありませんでした。

人間の記憶っていい加減ですね。

Pb124637_2

きつい登りを登ることしばし、やっとこさで七々木山に着きました。

地図を見るとこちらは三角点があるので1145、2mのようです。

稜線の南側になるので、風が吹かず暖かいです。

ここで当然休憩ですね。

Pb124639_2

驚いたことに、二ッ岳が白くなっていました。

どうやら二ッ岳まで行っていれば霧氷に会えたようですね。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく