« 45年ぶりに苗場山へ、その12、無事に下山 | メイン | 45年ぶりに苗場山へ、その14、オオシラヒゲソウや時ならぬ秋のお花畑 »

2018-10-31

45年ぶりに苗場山へ、その13、早朝の小赤沢散策

翌5日はぐっすり眠ったおかげで、5時半には目覚めました。

民宿の朝食は8時にお願いしてあったので、外が明るくなり始めたころに、ウインドブレーカーを羽織って散歩に出かけました。

Pa052370

民宿から車道を上へ上へと歩いていくと、集落からは見えない苗場山山頂方面が見えてきます。

Pa052314

↑宿の奥さんに後でそのことを話すと、昔は防風林がもっと小さかったから、集落からも苗場山が望めたと仰っていました。

↑確かに樹高20m以上はあろうかという杉の木が視界を遮っていますね。

Pa052352

かなり上のほうまで登り、稲刈り後の田んぼから対岸の鳥甲山を眺めてみます。

鳥甲山は中級者レベルと聞いており、この山はまだ登ったことはありません。

Pa052320

刈り取った稲は丈の高いハゼに干してありました。

干すのに脚立が要るかな?と思えます。

Pa052340

集落近くを流れる川には雰囲気のある橋がかかっています。

Pa052343

咲いているのは色の濃いノコンギクで、朝露をまとって綺麗でした。

Pa052344

ピンクのミゾソバ・・・

Pa052346

ツリフネソウは九州でも見ていますが、遠く離れた場所でも咲くんですね。

Pa052349

サラシナショウマも無造作に咲いています。

Pa052351

これは?

クルマバナかな?

四国ではまだ見てなかった花を、ここまで来て見られようとは・・・

Pa052353

ゲンノショウコは白花が咲いていました。

もう神輿状態になったものが多いです。

Pa052360

アキノキリンソウはここでもあちこちで咲いています。

休耕田にアキノキリンソウが咲いているなんて、四国ではあまり見ませんが・・・

Pa052361

大型の野草・・・・ゴマナ。

ゴマナも中国地方の山裾でよく見ますが、これは四国では見かけませんね。

Pa052377

この辺では秋も終盤らしく、まだ綺麗に咲いているのはキク科の花が多いです。

Pa052367

これはタテヤマアザミかな?

Pa052378

小赤沢周辺にはトチの木が多かったです。

木の実を加工したトチノ実せんべいとかトチ餅など、山国では欠かせない食料のようです。

民宿の玄関でも大量のトチノ実を乾かしてありました。

Pa052373

白い花はシロネのようで、これも四国ではそれほど見かけないと思いました。

Pa052383

↑まだ赤くなる前のツルウメモドキ。

Pa052364

立派な果実をぶら下げたアケビ。

Pa052385

赤い豆の花が咲いていました。

珍しいですね。調べると、花豆の花だそうです。

鑑賞用でも良いと思うぐらい綺麗です。

Pa052386

家の横には薪が山のように整然と摘まれています。

暖房用?

Pa052389

集落の神社・・・

Pa052393

貴船菊が満開です。


Pa052387

↑こんなステッカーを張ったマイクロバスが駐車してありました。

民宿に同じ日に泊まったのが、このバスの運転手さんです。工アブツーリズムの団体さんを乗せてこられてたのですね。

おかげで、平日にあまり渋滞に遭わずに東京に行くなら、どの道を何時ごろに走るとよいというのを教えてもらいました。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく