« うんと久しぶりの山、西門山へ、その3、山頂での交流 | メイン | 梅雨の最中に天狗の森へ花散策に、その1、行先に迷う »

2019-07-01

うんと久しぶりの山、西門山へ、その4、ショートカットで下山

稲叢山には数回来ていますが、その都度、違う道を歩くことが多いです。

どの道を歩いても、必ず通るのが四差路。

その四差路が近くなってきたな~と思っていたら、14時15分、四差路に着きました。

P6227830

ダム湖から登っても、洞窟コースを登っても、必ずここを通過します。

Rさんが以前、この近くでもオオヤマレンゲを見ているというので、探しに行ってくれたり、私たちも手分けして探しましたが、残念ながら株が見つかりませんでした。しばらく来ない間に、いろいろと変わっているものですね。

P6227831

下りは、ショートカットの道ができているそうなので、それを下りましょうとPさん・・・

地図やスマホで、道を確認する二人・・・

水分補給をしたら、山頂へ向けて出発します。

P6227832山頂へ出発したのは14時半・・・

P6227833

途中で、すぐ頭上にハクウンボクが咲いている場所があって、撮影します。

ハクウンボクってたいていは頭上10mぐらいで咲いていて、なかなか花や葉が確認できないのですが、この個体は樹高5mぐらいで小さくて撮影にはぴったりです。

P6227834

葉も見てみると、ハクウンボクの葉にしては小ぶりです。

我が家ではハクウンボクも育って得いますが、もっと葉が大きいけどな~と思っていたら、あとでPさんが調べてくれてコハクウンボクとうのがあるそうです。

木もあまり大きくならないけど、葉も小さい層でそれに違いありません。

ハクウンボクとコハクウンボクの両方が見られるなんていい山ですね。。

P6227836

最後は木の根道です。

登っていると、西門山でお会いしたSさんご夫婦が下ってこられました。

「あれ?ゆっくりだったんですね」と声をかけると、山頂で1時間半もいましたとのこと。

フレンドリーな方ですから、山頂でもいろいろと話に花が咲いたことでしょう。

P6227838

15時5分、私たちもようやく稲叢山山頂に到着です。

この時間はさすがに誰もいなくて。貸し切りです。

まだ食べてなかったデザートのゼリーやスイカをゆっくりといただきます。

ここの山頂はそれにしても、5年ぶり?6年ぶり?

ずいぶん久しぶりでした。

P6227840

道中の同d何は花つきが悪かったけど、山頂のドウダンはまずまず咲いていました。

日当たりの関係?

P6227841

アケボノツツジの葉とニガナの花・・・

15時28分、下山開始。

P6227842

15時51分に四差路に下ってきました。

P6227843

ここからダム湖方面への道を下りますが・・・

P6227844

16時1分、分岐があったので、これを左に。

確か5年前にはダム湖への道を延々と下りましたが、結構長かったという記憶がありますが・・・

ショートカットの道は樹林の中を結構急降下しています。

この調子なら、林道にすぐに出るのでは?と思っていたら・・・・

P622784516時13分、車道へ下ってきました。

P6227847車道からの葉入り口には赤や黄色のテープが何本かあって、わかっていたら間違うことはありません。

P6227846車道からは、すぐ向こうに駐車場のすぐ向こうの尾根が見えているので、これは近いと思いました。

Pさんは車道歩き10分と言ってましたが、多分10分はかからないでしょう。

先ほどからぽつぽつと降っていた雨は幸いにもあまり本降りでもなさそうで、傘は出すこともありません。

P6227848t道沿いのガクウツギや・・・

P6227849

シロバナニガナ・・・

P6227850

ヤマツツジ・・・

P6227851

モウセンゴケなど見ながら

P622785216時23分、トンネル登山口の駐車場に帰ってきました。

もちろんほかの車はもうありません。

駐車場に着いた途端に、雨がかなり降ってきました。

丁度良いタイミングでした。

この後、ほんとは花散策も予定していましたが、時間も遅いし雨の中では撮影もままならないので、このまま帰ることに・・・

雨のほうは車に乗って5分も経たない間に止みました。

どうやら標高の高い場所だけ降ったようです。

随分久しぶりで訪れた西門山と稲叢山でしたが、思いがけない方たちとばったりお会いし、オオヤマレンゲの美しい花にも会えたし、あまりよい予報ではなかったのを強行して出かけて正解でした。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく