2018-10-20

45年ぶりに苗場山へ、その6、ガスが晴れて山が姿を現した

山の天候は気まぐれです。

ちょっと前まであれほどガスに覆われていた稜線が、なんだか晴れてきそうな雰囲気です

Pa032108

続きを読む »

2018-10-19

45年ぶりに苗場山へ、その5、浮島湿原へ

プチ周回してきて道標を見たところ、「浮島湿原」という文字が見えました。

展望湿原というのもあるようですが、ガスがかかってきて展望は望めそうもないので、浮島湿原へ行ってみるとしましょうか。

Pa032031

続きを読む »

45年ぶりに苗場山へ、その4、ダケカンバの紅葉に心惹かれる

ロープウエイ駅で降りると、まずは栂池自然園のビジターセンターというところを目指すらしいです。

ビジターセンターまでは5分~10分というところでしょうか。

Pa031985

続きを読む »

2018-10-18

番外で山岳展望

ブログ仲間のぶちょうほう様からカシバードによる山座同定のメールをいただきましたので、アップさせていただく思います。

まずは栂池のゴンドラ乗り場付近からの眺めです。

Pa031921

Photo特徴的な稜線は不帰の嶮だったのですね。

大学4年の夏合宿で針ノ木から入り白馬~朝日と縦走しているので、この辺りは歩いているはずですが、台風前で展望に恵まれず、どのような山を歩いているのかさっぱりわからなかったという山域です。ここ15年ほどで歩きなおした鹿島槍付近と白馬近辺は山をこの目でしっかり見えているので、まだ記憶に新しいです。

Photo_2

Photo_3万年雪が残っていたのは唐松岳直下の唐松沢だったようです。

Pa031923ゴンドラから眺めた山々は白馬三山だったようです。

Photo_5白馬杓子は白馬岳から2009年に眺めていますが、稜線上から眺める姿と山麓から眺める姿とでは、また違うものですね。

山に登れなくなったら、山麓から山々を見上げてみたいものです。

山の名前や雪渓の場所がわかり、すっきりとしました。

ぶちょうほう様、ありがとうございました。

2018-10-17

45年ぶりに苗場山へ、その3、紅葉に見とれて

ゴンドライブは標高1500mぐらいまで上がっていくらしいのですが、途中から紅葉真っ盛りの木々の上を通過するようになりました。

Pa031945

続きを読む »

2018-10-16

45年ぶりに苗場山へ、その2、栂池自然園に向かう事に

その後はひたすら北陸道を北上しました。

時間が時間なので、この日は栂池自然園に行き紅葉を楽しむことにしました。

親不知海岸なども大学2年の夏合宿で、私たちの山岳会は一斉に北アルプスに入った後、下山後に親不知海岸で集中し、テントを張ってキャンプファイヤーなどした思い出があるので、懐かしいところですが、ぐっと我慢します。

結局、糸魚川インターを下りたのは9時半ぐらいだったでしょうか。糸魚川を車で通過するのは初めてです。2009年に蓮華温泉から白馬に登った時は松本で後輩を拾った後、平岩駅まで北上してきましたが、今回は糸魚川から南下します。

Pa031903

続きを読む »

2018-10-15

45年ぶりに苗場山へ、その1、北陸道から眺めた劔岳

毎年のように夏に行っている北アルプス。

それが今年はお盆前まで晴れた日が続いたというのに、そんな年に限って娘と孫が7月下旬からお盆まで帰省してきました。その後はご存知のように台風や雨の日が多く、すっきりしませんでした。9月中旬に昔の山仲間とともに狙った水晶行きも悪天候のため中止に。その後、9月は野暮用が入っているうえ天候も安定せず、なかなか出かけられず・・・10月に入ってようやく時間ができました。

問題は天候ですが、この時点で台風25号がすでに発生していましたが、今度はどうやら6日ごろに日本海を通過するらしいとのことで、週半ばぐらいはそれほど影響もないようです。

10月ともなれば、北アルプスの標高3000m級は一人で行くには厳しいので、以前からもう一度行ってみたかった秋の苗場山を目指すことにしました。詳しいことはのちほど書くことになると思いますが、苗場山には学生時代に不思議と秋ばかりに3度も登っています。標高も2000mちょっとでそれほど危ない場所があるわけでもありません。宿も平日ならば、一人ぐらいはその日に手配できるでしょう。前日の1日は銀行の野暮用があったので、出発は2日からと決めました。とはいえ、2日は主人がゴルフ&飲み会だったのですが、主人が帰宅した夜の8時に家の用事などを主人に申し伝えた後、出発でした。

車には2泊程度できる大きめのザックと、日帰り用のザック、靴は登山靴、簡単な山も歩ける靴、運転用のスリッポンの3足。山から下りた後に立ち寄る予定の東京在住の娘宅と息子宅用に新米15キロ、香川産のシャインマスカットの大房2つ、孫たちの秋冬用の衣類、娘のところに予備の布団がなかったら困るので、薄手の布団を1組、その他の山用の装備(ガスコンロやコッフェル等)などなど、積み込みました。

Pa042271

続きを読む »

2018-10-14

塩塚峰でススキと花を楽しむ、その3、ハバヤマボクチ

なおも山頂目指して歩いていると、背の高いボクチが見えてきました。

P9281664

続きを読む »

2018-10-12

塩塚峰でススキと花を楽しむ、その2、東屋から山頂へ

花を見つけては車を停めてうろうろするので、なかなか東屋に行きつきません。

おまけにススキが風に揺れる様子が素晴らしくて、足を止めてしまいます。

P9281556

続きを読む »

2018-10-11

塩塚峰でススキと花を楽しむ、その1、車道沿いの花

早く遠出に出かけたいと思いながらも9月末は野暮用がいくつもあって、出かけるに出かけられませんでした。

9月28日は予報では天気が良さそうですが、この日も午後3時から野暮用があります。とはいえ、山仲間のPさんがお誘いのラインをくれました。午後3時までに帰ってこられる山というと里山ぐらいしかありませんが、「塩塚峰はどうですか?」とのこと。

塩塚峰というと、ずいぶん前に一人で車で散策に出かけたことがあります。

その時の記録を調べたらなんと2006年9月10日のことで、12年も前のことでした。

当時の記録はこちら

P9281604

続きを読む »

2018-10-10

2日連続で県境散策を、その4、テイショウソウとアサマリンドウ、赤そば畑

車での散策が終わったら、山道を少し歩くことにします。

といっても、ほんの30分ほどの歩きです。

お目当てはアサマリンドウとテイショウソウです。

私たちのすぐ後ろからご夫婦連れの方が歩いてこられ、お尋ねしたら、どうやら私たちと同じ花がお目当てのようでした。

この場所のアサマリンドウを見ると、いつも御嶽の噴火を思い出します。というのも、2014年の9月27日、ちょうど一人でこの場所を散策していて御嶽の噴火のことを知ったのです。

とても天気の良い日でした。アサマリンドウが良く開いていたことを思い出します。

今年の散策では生憎と山の中に入った頃からガスが出てきたようです。そのためにアサマリンドウはあまり開いてくれず、撮影も少し難しかったです。

まずは、この日見てきたテイショウソウです。

P9231349

続きを読む »

2018-10-09

2日連続で県境散策を、その3、アケボノソウとツルニンジン

ブログの更新を予告もなしに一週間も途切れさせてしまいました。

前々から本州方面へ行くつもりだったのですが、今年は毎週のように台風が来たり、天気が良い時はこちらの野暮用があったりと、なかなか出かけられず、2日の夜に急遽出発しました。そうと決めたらすることが山のようにあって、パソコンを開いている暇もなく、皆様にはご心配おかけしました。

新潟、信州方面を回ってきて、その後は東京の娘宅へ行き、孫たちと遊んできました。8日(昨日)早朝に帰宅しましたが、帰ったら帰ったですることがたくさんあって、やっとこちらのブログを更新できそうです。

さて、一人で県境散策をしたのは9月22日のことでしたが、その後、山仲間のPさんから連絡があって、翌23日もPさんと散策することになりました。午後からの散策です。私のほうも前日は時間切れで見られなかった赤そば畑やアケボノソウを見たかったので、2日続きの散策に出かけることにします。主人も二日連続でゴルフだの島行きなので、こちらもお出かけとしました。

天気もまずまずです。

P9231287

続きを読む »

2018-10-01

2日連続で県境散策を、その2、ナンバンハコベ、ムラサキヒヨドリジョウゴほか

この日、見られるといいな~と思っていた花は、実はもう1種ありました。

ナンバンハコベです。

前の週に歩いた梶ヶ森ではナンバンハコベも咲いているはずなのですが、どういうわけか今年は見つけられませんでした。たまたま咲いてなかっただけなのか?それとも、梶ヶ森から消えたのか?山生のPさんがいたく残念がっていたので、これも見つけるつもりでした。

ところが、以前見た場所には咲いてなくて、ナンバンハコベも今までとは別の場所で咲いていました。

最初は前日の雨にたたかれたのか、何か白いぐちゃぐちゃした花が咲いているという印象でしたが・・・

P9221278

続きを読む »

2018-09-30

2日連続で県境散策を、その1、タカネハンショウヅルとミゾソバ

梶ヶ森に行ったのは9月最初の3連休のうちの一日でしたが、その翌週も3連休でした。

しかも、天気もまずまずのようです。

主人はゴルフなどでお出かけ続きで夕食もいらないようなので、一日は家事を片付けましたが、梶ヶ森で家事はタカネハンショウヅルヶまだあまり咲いてなかったのと、ナンバンハコベヶ見られなかったので、その二つを見るために出かけることにしました。

タカネハンショウヅルはいつもと違うちょっと意外な場所でも見かけました。いつもの場所の株はまだ時期的に早かったようです。

P9221273

続きを読む »

2018-09-29

ちょっと久しぶりの秋の梶ヶ森へ、その9、タカネハンショウヅルと帰路に見たヒガンバナ

タカネハンショウヅルは道沿いに何株かあるので、そのうちの一輪でも咲いていればと、祈るような気持ちで下っていると・・・

Aさんの「咲いてます」との声。

車道から2mほど離れた場所でしたが、咲いていました。

よくぞ見つけてくださったものです。

P9160902

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく