2020-02-12

何とか間に合った高知花散策、その7、ユキワリイチゲ

連休中、東京から息子一家が帰省していたので、最後のアップが遅くなりましたが・・・

バイカオウレンを堪能し、コーヒーブレークもしたら、最後はユキワリイチゲのお花見です。

P2010689

続きを読む »

2020-02-08

何とか間に合った高知花散策、その6、バイカオウレン

数年前まではあまり人に知られてなかったバイカオウレン自生地ですが、今では地元の方たちが地域おこしの一環として駐車場も整備され、今年は自生地までの道沿いにのぼりも立っていました。

花散策とはいえ、自生地までは少し勾配のある道を歩きます。

この日は運よく貸し切りでした。

P2010648

続きを読む »

2020-02-07

何とか間に合った高知花散策、その5、ツバキと太平洋

三角点にはベンチも用意されていて、のんびりと北の方角を眺めながらお昼ご飯をいただきます。

ここからも剣山系の山々が良く見えたのに、久しぶりの山歩きで勘が鈍った私は、山々を眺めるばかりで撮影することを忘れていました(^^;)

後からいらした初老のご夫婦の方も隣に腰掛けて山なみを眺めておられます。

私が丸亀から来ていることを言うと「そんな遠くから?私たちも飯野山には一度登りましたよ」と。

いえいえ、高知は私たちにとっては遠くでもなんでもありません。

しょっちゅうお邪魔している場所ですから・・

休憩中にもう一人の高知の山仲間の方からも電話をいただきました。

今回、Aさんがその方も誘ってくださったのですが、ご都合が悪かったそう・・・

私の病気のことも心配してくださっていたようで、ほんとに有難く感謝しました。

P2010563

続きを読む »

2020-02-06

何とか間に合った高知花散策、その4、アサギマダラの幼虫

観音堂の近くではヤマガラ君が飛び回っていました。

地面にヒマワリの種などが落ちているので、どうやら餌付けされているようですね。

香川の里山でも山頂付近にヤマガラが餌付けされている山が良くあるのですが、高知でも同じような山があるようです。

P2010548_2

続きを読む »

2020-02-05

何とか間に合った高知花散策、その3、早くもスミレに出合う

急登は終わって、緩やかな勾配の道を歩いていると、足元にスミレの花が咲いていました。

飯山でも気の早いスミレが咲いてないかな~と探したのに会えませんでしたが、さすがに南国高知ではスミレももう咲いています。

P2010529

続きを読む »

2020-02-04

何とか間に合った高知花散策、その2、大平山のコウヤボウキ

コセリバオウレンを思う存分眺めたら、次は高知市内の里山・・・大平山登山です。

病み上がりの私のために、Aさんが標高150mほどの歩きやすい山を考えてくださったようです。

ちょっと前に標高400m余りの飯野山に登っているので、標高150mの山なら大丈夫でしょう。

P2010508

続きを読む »

2020-02-03

何とか間に合った高知花散策、その1、コセリバオウレン

入退院を繰り返したために初夏から冬にかけては山登りはおろか花散策さえろくに行けませんでした。

いつになったら山に復帰できるかという目途もなかなか立たなかったのですが、体力のほうは1月に入ってかなり回復しました。問題は1月下旬から再びきつい薬を飲み始めたので、その副作用がどのぐらい出るか?ということにかかっていました。夏~秋にかけて副作用で苦しんだからです。

でも、今回は体力が回復していたからか、副作用がほとんど出ませんでしたので、山仲間に声をかけて早春の花散策に参加することにしました。高知の山仲間の方が、あちこちと下見をしてくださって2月1日に、ベストの時期に訪れることができました。

P2010479

続きを読む »

2020-01-31

7か月ぶりでようやく里山へ、その3、シャシャンボの果実そして下山

飯野山の一般登山道は山肌をぐるりと螺旋状に巻くようにつけられているので、山頂に着くまでに360度の眺めを楽しめるのが良いところです。

P1210188

続きを読む »

2020-01-28

7か月ぶりでようやく里山へ、その2、コウヤボウキの綿毛

1月21日は天気予報によると、天気が良さそうな最後の日で、その後はずっと雨マークが出ていたのでした。実際、あれから1週間経ちましたが、この1週間というもの雨がちな日が多く、やっぱり21日に登っておいて正解でした。

P1210166

続きを読む »

2020-01-24

7か月ぶりでようやく里山へ、その1、果実いろいろ

7月初めに緊急入院、その後、一度目の手術、10月末に二度目の入院と2度目の手術。

秋にはきつい薬を服用していたせいで、とても山歩きをできる状態ではなかったのでした。

21日に主治医の診察があって、この後の薬の服用をどうするか、選択を迫られました。

結局、再び薬を飲むことにしたのですが、今のところ、前のような症状は出ていません。どうか、この調子で服用期間をやり過ごせるとよいのですが・・・

選択をするまではいろいろと迷いもあったのですが、決めた後は気持ちもすっきりとして、その日のうちに我が家から気軽に行ける飯野山に登ることにしました。

7か月ぶりの山歩きは軽い歩きでも、感慨深いものがあります。

P1210154

続きを読む »

2020-01-23

1月の志賀島にて

10月に記事をアップして以来、入院や手術等で、とうてい山歩きのできるような状態ではなく、3か月以上もこちらのブログはお休みせざるを得ませんでした。

1月に入って、術後の回復も順調に進み、旅行もできそうなほどになったので、1月半ばに主人と二人で九州に小旅行をしました。その際に、福岡在住の主人の友人が案内してくださったのが志賀島でした。

島とはいっても砂州で地続きになっていて車で行けます。

まさか花散策ができるとは期待してなくて、一眼カメラのSDカードを入れ忘れてきたのが大失敗でしたが・・・

Kimg2542

続きを読む »

2019-10-18

10月10日の赤そば畑散策にて

台風19号は関東甲信越と東北に甚大な被害をもたらしました。

丁度去年の10月上旬、長野と新潟を訪れた私は千曲川を眺めながら、何度も新潟と信州の県境をいったりきたりしたのでした。千曲川の河畔にはリンゴ畑が広がり、リンゴが真っ赤に熟してました。台風であのリンゴたちはどうなったろう?と思っていましたが、やはり泥水に浸かったリンゴたちはもう売り物にはならないのだそうです。浸水被害は3万棟を超えるそうで自然の猛威にただただ驚くばかりです。

去年の初夏は当地でも雨が5日も降り続き、岡山の真備町では大きな被害が出たのも記憶に新しいところですが、たった1日ちょっとの雨でこうも大きな被害が出るとは、誰も予想しえなかったようです。

さて、その台風19号が来る前にと、10日は主人と赤そば畑を見に行ってきました。

Kimg2379

続きを読む »

2019-10-16

実家の近くで咲くシロバナサクラタデ

10月初めに実家に行った際、毎年のように見ているシロバナサクラタデのことを思い出して見てみました。

いつもはヒガンバナが満開で、真っ赤なヒガンバナとシロバナサクラタデとの競演を楽しむのですが、さすがにヒガンバナのほうはもう終わっていましたが・・・

Pa050930

続きを読む »

2019-10-12

アケボノソウほか

9月25日の散策からはや半月以上が経ちました。

今日は少し長くなりますが、この日見た花でアップしてないのをまとめてアップします。

まずは、いつもの場所で見られなくてがっかりしていたアケボノソウです。

山仲間のおかげで見ることができました。

P9250654

続きを読む »

2019-10-08

アサマリンドウとノササゲなど

9月25日の散策の中で見られていちばん嬉しかったのがアサマリンドウです。

この山には登山道を辿ればアサマリンドウのたくさん咲く場所がありますが、今の私にはアップダウンのある500mほどの道のりを往復するのは無理っぽいのです。幸い、たまたまお会いした山仲間の方が、アサマリンドウの咲く場所も教えてくださいました。

P9250641

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく