« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月

2014-08-12

黒部五郎ピストンと乗鞍、その14、折立下山そして岐阜へ

24日の朝も4時半ごろには目覚めました。

予報通り、外は小雨とガスです。

私は前夜決めたとおり、折立へ下山するだけですが、同室のご夫婦はずいぶん迷っておられました。ご夫婦のこの日の予定は黒部五郎小屋まで行き、その後4日ほどかけて雲ノ平や高天原、水晶などを巡られる予定だったそうです。しかし、この雨では停滞するかそれとも無理して黒部五郎小屋まで行くかと、頭の痛いところです。

パッキングも一応済まされてましたが、私が出発するころはまだ小屋におられたようです。

山では雨に降られたり、体調不良の人が出たりと、予定変更せざるを得ない場面が往々にしてあります。こういう時の判断は経験がものを言うように思います。

P7240029

続きを読む »

2014-08-11

黒部五郎ピストンと乗鞍、その13、ライチョウと三度出会う

3人組のパーティーとすれ違った後、登り返しの道を登っていたら、登山道の真ん中にライチョウが一羽いました

P7237305

続きを読む »

2014-08-10

黒部五郎ピストンと乗鞍、その12、大展望そして下山

山頂には私のほかに3人ほどいらっしゃいましたが、その後も、3人ほど登ってこられました。

槍のほうを眺めてらしたご夫婦は、北ノ俣岳で私が休憩している間にお見かけした覚えがあって、向こうも私のことを覚えていてくださったようです。

「去年は飛騨沢から槍に登った」と私がいうと、ご夫婦もあのコースが大好きですと仰ってました。

太郎平ではテン泊されているそうで、やはり静かな山がお好きな方たちとお見受けしました。

360度の大展望なので、久々に6枚もの画像を繋げてパノラマ風にしてみました。

panorama.jpgをダウンロード (クリックで少し大きな画像が出ます)

Kannsei

続きを読む »

2014-08-09

黒部五郎ピストンと乗鞍、その11、ガスが晴れた山頂へ

ちょっとした岩場のようなところを通過する場所で、青い花が咲いてました。

槍の西鎌尾根で見て以来、大のお気に入りの花、チシマギキョウではありませんか。

P7237113

続きを読む »

2014-08-07

黒部五郎ピストンと乗鞍、その、10、キバナノコマノツメ

赤木岳を越えてすぐのところで、白い花が目に留まりました。

今年は四国の山で初めて、ヒメイチゲを見たばかりですが、北アルプスの山々では、ほぼ毎年のように見ている花です。

P7237043himeitige_bi

10

続きを読む »

2014-08-06

黒部五郎ピストンと乗鞍、その9、トウヤクリンドウ

槍を正面に眺めながら北ノ俣岳を後にしたのは7時13分です。

地図で見る限り、ここから先は緩やかなアップダウンが続く稜線歩きのようです。

P7236993

続きを読む »

2014-08-05

黒部五郎ピストンと乗鞍、その8、槍穂も見えた

黒部五郎を目指すこのコース、お花はそれほど多くはなかったのですが、それでもところどころで好みの花が咲いています。

ミツバノバイカオウレンもそんな花の一つで、初日にも太郎平小屋に着く直前に見ていました

P7236929

続きを読む »

2014-08-04

黒部五郎ピストンと乗鞍、その7、池塘と薬師

翌23日の朝は、同じ部屋の女性二人組の方が起きられた気配で、私も目が覚めました。

女性二人は10時間の行程を三俣の小屋まで歩かれるので、とにかく早発ちしたいと仰っていたのです。私とて10時間のピストンですから早発ち必須なのは同じです。

洗顔したらアミノバイタルのゼリーを流し込んで、パッキングをします。

小さなナップサックは持参していたものの、10時間ものピストンとなれば、持っていくものもそれなりに必要ですから、50リットルのメインのザックから不要な着替えやアイゼンだけを抜きます。行程の途中に水場はないので、水分も2.5リットルは必要ですが、前日のうちに持参した粉末でポカリを作ってありました。後はお弁当についていたお茶のパックも有りますから、何とかなるはずです。

支度が出来たら、受付で不要な物を入れたナップサックを預かってもらいます。

P7236874

続きを読む »

2014-08-03

黒部五郎ピストンと乗鞍、その6、夕方の眺望

太郎平小屋に着いたら、すぐに受付を済ませました。

今回もいつもと同じく、夕食とお弁当をお願いしますが、朝食は頼みません。

太郎小屋の朝食時間は5時と比較的早いのですが、それでも早出をしようと思うと、朝食にかかる時間がもったいないですね。

今回はガスコンロもポットも持参しなかったので、朝食用にアミノバイタルのゼリーを持ってきました。それだと直ぐに摂取できるので、気忙しい朝にはぴったりです。

部屋は二回の廊下の奥の方の部屋でした。

P7226851

続きを読む »

2014-08-02

黒部五郎ピストンと乗鞍、その5、ワタスゲ

樹林帯を抜けてからは道の雰囲気もほぼ同じで、同じような登りが続きます。

登山道沿いを眺めては何か咲いているかな?と目で探すわけですが、こんなものが視界に飛び込んできました。

P7226793watasuge_2

続きを読む »

2014-08-01

黒部五郎ピストンと乗鞍、その4、白いタテヤマリンドウ

三角点から上は、広々とした草原の中を歩くところが多くて、なかなか快適なのですが、この頃から睡眠不足による疲れが出てきました。(^_^;

毎度のことですが、一日目は前夜、あまり睡眠をとらずに運転してくるため、どうしても疲れが出ます。おまけに、荷物もいちばん重いですから・・・。

P7226718

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく