山歩き

2020-06-01

6年ぶりに裏寒風のアケボノを見に行く、その7、青空ものぞく中、下山開始

山頂では記念撮影もしたりして10分ほどいましたが、その間も誰も登ってきません。

アケボノの季節でもあるのに、寒風山で誰一人にも会わないって、ほんとに珍しいです。

14時17分、下山開始です。

P5202626

続きを読む »

2020-05-31

6年ぶりに裏寒風のアケボノを見に行く、その6、お昼ご飯の後山頂へ

西稜にもアケボノが多くて,まずはアケボノの撮影に夢中でした。

P5202566

続きを読む »

2020-05-30

6年ぶりに裏寒風のアケボノを見に行く、その5、西稜へ這い上がる

アケボノをある程度堪能したら、今度こそ西稜に這い上がらないと・・・

笹原を登っていきます。

P5202511

続きを読む »

2020-05-28

6年ぶりに裏寒風のアケボノを見に行く、その3、早くもコーヒータイム

そろそろアケボノが出てきたので、なんとなく心もウキウキです。

S君は「今年はもうアケボノは見られないと諦めていた、ここで見られるとは」と・・・

私は最初からアケボノ目当てに来てるんですけどね。(^^;)

P5202360buna_to

続きを読む »

2020-05-26

6年ぶりに裏寒風のアケボノを見に行く、その2、ガスとアケボノ

この日は行動食として、イチゴ、パイナップル、ワッフルを持参していました。

午後からは気温も上がるだろうから果物が美味しいだろうと思っていたのですが、3枚着こんで登っても汗もあまりかかないほど涼しいのでした。稜線に出れば当然風もあるだろうし、標高が高い分気温も低くなります。このままではイチゴを出すシーンがなさそうだったので、ここで食べておこうと思い、イチゴをお二人にも勧めます。私や私の仲間は山では休憩ごとに食べるのを知っているエントツ山さんとS君はイチゴを食べるのを嫌がりもせず付き合ってくれました。(^^;)

10分もしないうちに体が冷えそうなのを感じたので、早々に歩きはじめます。一旦体が冷えると、調子悪くなりますから・・・出発は9時54分。

P5202296

続きを読む »

6年ぶりに裏寒風のアケボノを見に行く、その1、ひょんなことから裏寒風へ

4月下旬に大学時代の山仲間と皿ヶ嶺に登りました。

そのとき、一緒に登ったS君が、知人を介してエントツ山さんの山仲間のMさんに紹介してほしいと頼んであるのだと言います。そういえば、私からもエントツ山さんに一度紹介しましょうかと、去年も言ったような気がする・・・それが、去年は初夏から思いがけず緊急入院してしまい、二度の手術や入退院を繰り返し、山どころではなくなり、紹介の話もすっかり立ち消えになっていたのでした。

それほど真剣に紹介してほしいのだと知り、ならば、エントツ山さんに連絡しておきますと・・・・

その後、ラインや電話で何度か連絡をしました。当初はエントツ山さんの山仲間のMさんも一緒にと言ってたのですが、そうなると週末でなければいけないのですが、生憎と二週続けて週末は天気が良くない。エントツ山さん、S君、私の3人なら平日でもOKなので、5月の第4週辺りの天気の良い日にということになりました。19日ぐらいまでは天気がよくなさげですが、20日からは回復するらしいので、少しでも早くということで20日に決めさせてもらいました。というのも、早く行かなければアケボノが散ってしまうかもと心配だったのでした。

登る山はS君が3つほど候補をメールで送ってくれましたが、この時期なら裏寒風がアケボノが綺麗かもしれないと思ったので、私が勝手に裏寒風に決めさせてもらったのです。それも最初の計画では病み上がりの私だけは桑瀬峠経由でピストンし、山頂で裏寒風を登ってくるエントツ山さん、S君と合流となってましたが、裏寒風ぐらいはゆっくりなら登れるからと無理を言ったのでした。何しろ裏寒風のアケボノが見たいのに、裏寒風を登らないと意味ないし・・・・

P5202576

続きを読む »

2020-05-06

5月5日の里山散策にて、キンラン

4月25日に皿ヶ嶺に行ったあと、前代未聞の不要不急の外出を控えなさいというGWが始まりました。

私たちのように毎日が日曜日という人はいつでもお出かけできるので良いのですが、働いている人や子供たちには酷なことだったですね。私自身も折角、一度落ちた筋肉がついたのに、山にご無沙汰しているばかりでは筋肉がまた落ちてしまいます。この時期、庭仕事や衣替え、畑仕事もずいぶん忙しく、山に行くのも億劫になりそうですが、見ておきたい花もあるので、5日午後に里山を登ってきました。

是非見ておきたい花は二種類あったのですが、残念ながら一種類は見ることができず、もう一種類も綺麗な状態ではなかったです。

でも、その代わりというか、今までこの山ではみたことがなかった花も見られました。

P5056283

続きを読む »

2020-05-04

季節が止まっていた皿ヶ嶺、その7、天狗の庭経由で下山

上林峠からはこの日の朝には歩かなかった山道を下ります。

いつもは登る道を下るのですが、何年か前の大雨で道が崩れているところがあって、一応、通行止めということになっているので、自己責任で下ります。

P4255706

続きを読む »

2020-05-03

季節が止まっていた皿ヶ嶺、その6、竜神平

十字峠と竜神平の間の道も、記憶が飛んでいて、こんな道だったかな?と思いながら下ります。

P4255664

続きを読む »

2020-05-02

季節が止まっていた皿ヶ嶺、その5、サイコクサバノオまだ咲いてた

シロバナネコノメなどを撮影するのに夢中になっていたのですが、ふと見上げるとなんと見たかったサイコクサバノオが咲いてるではありませんか。

P4255636

続きを読む »

2020-05-01

季節が止まっていた皿ヶ嶺、その4、ヒナスミレやシコクミヤマスミレも

登山道が緩やかに登り勾配になってくると、天狗の庭も終わってそろそろ車道に出るはずです。

P4255544

続きを読む »

2020-04-30

季節が止まっていた皿ヶ嶺、その3、シコクスミレも咲いている

この日はいつもより人も少なかったと思うのですが、それでも私たちの後から3人のグループの方がやってこられました。

天狗の庭に来る方はたいていは花好きの方ですね。

P4255519

続きを読む »

2020-04-29

季節が止まっていた皿ヶ嶺、その2、ヤマエンゴサクがたくさん、シロバナエンレイソウも

道は最初のうちは日かげを歩くので、ツクバネソウもたくさん見かけましたが、まだ蕾ばかりです。

去年はどうだったかな?と考えながら歩きますが、もう何度も来ているので、いろいろな年に見た光景がごちゃ混ぜになってしまい、去年がどうだったか良く思い出せません。

それでも、去年はヤマブキソウやイチリンソウは咲いていました。

P4255474

続きを読む »

2020-04-28

季節が止まっていた皿が嶺、その1、スミレとネコノメが綺麗

何度も書きましたが、2019年は夏と秋にそれぞれ一か月ずつ入院しました。

大きな手術も受け、この春はせいぜい里山歩きぐらいしかできないと思っていました。

夏に北アルプス帰りに、お見舞いに寄ってくれた学生時代の山仲間のS君もたぶんそう思っていたと思います。だからか、退院した後の春は皿ヶ嶺にお花を見に来れば?と言われていました。最悪、皿ヶ嶺なら車を停めて30分も歩けば花散策もできるからです。

去年の11月に亡くなった山仲間のYさんがそういえば、一年前に「シコクカッコソウが見たいのだけど、車で見られる場所はないかしら?」と訊かれ、残念ながらどこのカッコソウも30分ぐらいは歩かないと見られないですねと答えたものでした。その後、こちらも思わぬ病気で入院し、Yさんのほうは秋には亡くなるという、予想もしないことになりました。

この春はそのうえ新型コロナなどという訳のわからないものが流行ってしまい、県境を越えての移動は控えて欲しいという話もありますが、登山口まで車で一人で行くのだし、山に入ったら三密とは程遠いので、思い切って4月25日に皿ヶ嶺に行ってきました。

P4255668

続きを読む »

2020-04-26

4月9日の新緑散策にて、その4、芽吹きの色にうっとり

少し登っていくと、またイチリンソウが多くなってきます。

P4094809

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく

更新ブログ