本州の山

2017-01-22

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その4、ヤブツバキも咲いてた

四国では山歩きの途中で茶店だの売店だのと言うのはほぼお目にかかれないのですが、六甲山系には途中にいろいろなお店があるので、もし手ぶらで来たとしても飲み物も食べ物も調達できるんですね。

それに、至る所から市街地へと下る道がついていて、途中で会った人の中にはザックも持ってない人も何人かいらっしゃいました。こんなところも四国の山より気軽に登れる山と言えるのかもしれません。

P1107040

続きを読む »

2017-01-21

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その3、コゲラに出合う

展望台でほんの2~3分、眺めを楽しんだら、また階段を登ります。

何しろ初めてのコースなので、所要時間もよくわからないし、あまりのんびりとできないのです。

P1106991

続きを読む »

2017-01-19

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その2、モチツツジも狂い咲

駅の近くに今から歩こうと思っているコースが記載されていたので、確かめました。

まずは標高260mの鉢伏山を目指し、その後旗振山、そして鉄拐山と歩いていけばよいみたいです。

これは六甲全山縦走路の一部となっているようですね。

P1106946

続きを読む »

2017-01-11

2016年の登り納めは毛無山~白馬山、その6、下山

カタクリ広場からは稜線がカーブしているようで、それまでは後ろに見えていた毛無山がその後は進行方向右手に見えるようになってきました。

そして、まだ1300mもあると思っていたのですが、それほどきついアップダウンがないおかげで意外とすいすいと歩けます。

Pc256481_2

続きを読む »

2017-01-09

2016年の登り納めは毛無山~白馬山、その5、ツノハシバミの冬芽

山頂にいたときは薄曇りになってきていたので、これは午後からは天候が崩れ気味かな?と危ぶんでいたのですが、白馬山へ向けて稜線を下るにつれて、青空が復活してきました。

Pc256416

続きを読む »

2017-01-08

2016年の登り納めは毛無山~白馬山、その4、白馬山へ向かう

毛無山の登りの途中では、大山の姿は一切見ることができません。

なので、山頂に着く前は大山が見えているかどうかが、ずいぶん気になって仕方ないのです。

見えてるかな~?それとも?

Pc256362

続きを読む »

2017-01-04

2016年の登り納めは毛無山~白馬山、その1、気がかりな大山の姿

12月下旬ともなると、大掃除や年越しの準備などもあって、例年、あまり山にも行けないことが多いのですが、今年はPさんが25日にクリスマス登山をしませんかと誘ってくれたので、大掃除をさぼってたまには良いかな~と行く気になりました。

行き先はいろいろと案も出たのですが、結局、岡山の毛無山に行くことになりました。冬の毛無山には今まで3度ほど登っていますが、何れもセツブンソウのお花見とセットで登っているので、2月とか3月に登っていて、12月に登るのは初めてのことです。

下山後にセツブンソウ自生地まで行くとなるとなんとなく気ぜわしいのですが、今回は登山のみですから気楽です。

Pc256537

続きを読む »

2016-09-24

9月10日の比婆山連峰周回、その6、マツムシソウ群生そして下山

植林帯の中を下っていくと、下りきったところが出雲峠です。

最初に登った時と二度目はセンターから出雲峠経由で反時計回りで歩きましたが、今回は時計回りの周回で、出雲峠に下ってきたのは初めてです

P9109743

続きを読む »

2016-09-22

9月10日の比婆山連峰周回、その5、センブリも咲く

池の段から少し歩いたところで、ちょっとしたお花畑に出たので、そこでお昼にしました。

去年はこの下までかなり下って花散策に行ったのですが、今回は出雲峠まで行くので、時間がなくて花散策は諦めます。

P9109685

続きを読む »

2016-09-20

9月10日の比婆山連峰周回、その4、秋の花が続々と

立烏帽子の下りは去年も特に花が多かったという印象がありましたが、今年は嬉しい花も咲いていました。

P9109637

続きを読む »

2016-09-19

9月10日の比婆山連峰周回、その3、花の山立烏帽子

休憩を終えて、11時47分、まずは立烏帽子を目指して登ります。

比婆山連峰はいくつもの山を周回しますが、それぞれの標高差はせいぜい100m程度しかないので登りも20分程度で楽なものです。

確か、私の記憶では立烏帽子周辺は花の種類がいちばん多かったはず。

P9109588

続きを読む »

2016-09-17

9月10日の比婆山連峰周回、その2、ツルニンジン

遠望園地では特に休憩するというわけでもなく、眺めをちょっと楽しんだらすぐに歩き始めました。

歩き始めた途端、ツルニンジンが目に留まりました。

P9109519

続きを読む »

2016-09-15

9月10日の比婆山連峰周回、その1、時計回りで歩く

9月に入って、それまでの忙しさがちょっと一段落しました。

今年は秋の花が早く咲いているので、比婆山へも早目に行こうといつもの山仲間と話していたのですが、9月の第一週の週末は私が都合が悪く、それに天気予報もあまりよくなかったので次週に見合わせになりました。ところが第二週の週末は私以外のPさん、Rさんともに都合がつかず、私だけが参加できることになりました。一人で瀬戸大橋を渡るのも億劫な気がして岡山のYさんご夫婦に連絡したところ、Yさんご夫婦とFさんとともに比婆山を歩けることになりました。

岡山には娘一家が住んでいるので、比婆山を歩いた後は娘宅で孫の顔を見ることにしました。問題は岡山までの足ですが、今回は瀬戸大橋を渡るのは私だけということで、電車利用にしました。

Kimg0202

続きを読む »

2016-09-11

今年の伊吹山はナイトハイクで、その9、かき氷を食べて下山

五合目で休憩していると、小屋の前に「氷」と書かれた吊り旗がはためいているのに気付きました。

「ここって、かき氷があるのかしら?」とPさんに話しかけると、反対側に座られていた男性が「五合目小屋はかき氷があるんですよ」と代わりに答えてくださいました。

去年はここで炭酸飲料を500mℓを一気飲みしてから一気に調子悪くなったという因縁の場所ですが、今日は下りなのでかき氷を食べても今後の道中に差しさわりはないでしょう。

Kimg0135

続きを読む »

2016-09-09

今年の伊吹山はナイトハイクで、その8、素晴らしい眺めを見ながら下る

登山道を下っていると、まだ8時半というのに、下から登ってこられる方が結構います。

この時間に山頂着ということは4時~5時に登り始めたということでしょうか。早朝に登山開始なら暑さでばてることもないでしょうから、良い登り方ですね。ただ、私たちのようにゆっくり歩くものや花をゆっくり見たいものにとっては、ちょっと時間が足りないかなという気もします。

P8218878

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく