本州の山

2017-09-16

3年ぶりの北アルプスへ、その14、花の道・・西鎌尾根

以前歩いた時も西鎌尾根の植生は双六辺りとは一味違うな~とは思っていましたが、今回はその感を一層強くしました。

P8280801

続きを読む »

2017-09-13

3年ぶりの北アルプスへ、その12、三俣小屋手前で引き返す

その日の目的は双六と三俣蓮華へのピストンだったのですが、三連の山頂から三俣小屋の赤い屋根がちらっと見えました。三俣小屋には数年前にも行ってますが、ここは確かサイフォンで淹れてくれる美味しいコーヒーとケーキが名物で、欲張りな気持ちが出てきました。

それなら早く山頂を後にすればよいものを山頂で親切な男の方が、写真を撮ってあげますよと言ってくださったりして、記念に何枚も撮影したりします。

P8270716

続きを読む »

2017-09-12

3年ぶりの北アルプスへ、その11、三俣蓮華岳

双六岳山頂では鏡平小屋で作ってもらったお弁当の残りを頂きました。

山歩きの時は一度に食べると苦しいので、ちょこちょこ食べるのが調子よいですね。

ここで、驚いたのが、私のカメラのバッテリーが早くも切れてしまいました。予備のバッテリーを一本しか持ってきておらず、あと二日以上の行程があるのに、バッテリーは大丈夫かしらん?

Rさんも双六小屋に着く前に早くも16ギガのメモリーがなくなったそうで、画像のサイズを大きくしたままの設定で撮影していたようです。幸い、予備のメモリーを持っていたから良かったのですが、泊りがけの山行ではバッテリーやメモリーのことも油断できません。

P8270634

続きを読む »

2017-09-10

3年ぶりの北アルプスへ、その9、白山が見えた

この日は安定した晴天のようで、槍が隠れる心配なく歩けます。

今まではいつ、雲に隠れるかとひやひやしながら歩いていたのですが、朝からずっと見えているというのも有難味が薄くなりますね、って贅沢でしょうか?(^_^;

P8270465

続きを読む »

2017-09-07

3年ぶりの北アルプスへ、その8、ウメバチソウ

弓折乗越を目指して、後一登りと言うところで、足元に白い花が咲いているのに気付きました。

P8270367umebatisu

続きを読む »

2017-09-06

3年ぶりの北アルプスへ、その7、日の出

27日の朝は4時前には目覚めました。

トイレに行くついでに、外へ出てみたら星がかなり瞬いていました。

予報でもこの日は晴れになっていましたが、素晴らしい一日になりそうです。

4時になったのでRさんを起こし、身支度を整えます。小屋の朝食は頼んでないので、お弁当をもらい、小屋の方が用意してくださっているお湯でインスタントコーヒーを入れ、ナッツや簡単に食べられるもので朝食を軽く済ませました。

P8270291siruettonoyari

続きを読む »

2017-09-03

3年ぶりの北アルプスへ、その4、ジャコウソウが綺麗

秩父沢の水はその上の雪渓が解けて流れた水ですから冷たくておいしいのです。

このコースは、秩父沢のちょっと上にも確か小秩父沢というのがあって、水場には困りません。なので、新穂高を歩き始めるときには水分はあまり持ちませんでした。この日は凍らせたアクエリのパウチを2つ+凍らせたポカリ+お茶1本です。そのうちのポカリ1本をすでに飲んでしまったので、代わりに沢の水を詰めました。何しろ、このコースを10年前に午後から登ったことがあるのですが、同行していた後輩がポカリを飲まずお茶だけ飲んでいたら熱中症になって歩けなくなったという苦い思い出があるのです。

それ以来、夏場の山登りは必ず早めにポカリを飲みます。

P8260110

続きを読む »

2017-09-02

3年ぶりの北アルプスへ、その3、意外と花が多い

ワサビ平では雨具を脱いで片付けたりして、かなり長めの休憩を入れました。

土曜日と言うせいもあるのか、それとも日曜以降が晴れという予報が出ているせいか、ワサビ平でこんなにたくさんの人がいるのを見たのは初めてでした。私がいつも梅雨明けしない時期の平日に訪れているから、そう思うのでしょうね。

ワサビ平を出発したのは8時30分ぐらいだったでしょうか。

2011年に同じコースを登ったときはワサビ平を6時50分に出ていますから、今回はかなり遅めです。

因みに、2011年の記録はこちら

P8260062

続きを読む »

2017-09-01

3年ぶりの北アルプスへ、その2、ワサビ平へ

幾度となく歩いた新穂高からワサビ平への道ですが、四国の山仲間と歩くのはこれが初めてです、

蒲田川は濁流となって囂々と流れており、2011年に単独で同じコースを歩いた時には登りでも下りでも雨のため、同じ濁流を見ながら歩いたものでした。ついついその時のことを思い出してしまいます

P8260018

続きを読む »

2017-08-31

3年ぶりの北アルプスへ、その1、アプローチ

一昨年、昨年と、私としては夏の恒例行事となっていた北アルプス行きが叶いませんでした。

今年こそは行こうと、心の中では決めていたのですが、7月は次々と用事ができていつも訪れている7月半ばの花の時期に行くことができません。そんなとき、高松の山仲間のRさんから今年はご主人と別行動でアルプスを歩くと聞きました。ご主人は西穂から槍へ縦走されるそうですが、Rさんは新穂高~鏡平~双六~西鎌尾根~槍~槍平~新穂高と周回コースを歩くそう。同じコースを2011年に単独で歩いていますが、あの時は西鎌尾根を歩いた日がガスのため、槍がまったく見えず残念な思いをしました。いつの日か、だんだん大きくなる槍を眺めながら西鎌尾根を再び歩いてみたいと思っていたので、Rさんと同行させてもらうことにしました。日程はRさん任せでしたが、8月中旬以降は私のほうもいつでも出発できる態勢になりました。

Rさんのほうは天気待ちで、毎日のように天気予報とにらめっこされていたらしいです。8月も半ばを過ぎ、そろそろ山に秋の気配が漂う頃、Rさんから決行の連絡がありました。それによると、8月26日に出発、26日朝に新穂高を歩き始め29日に下山とのことです。

P8280860

続きを読む »

2017-06-21

岡山へダイセンキスミレを見に行く、その9、タチカメバソウそして下山

まずまず下ってきたところで、再びサンインスミレサイシンの花を見かけました。

スミレサイシンの花はずいぶん大きくて、呆れるほどです。

ここまで花が大きいと、いくらスミレ好きの私でもあまり可愛いとは思えないと書けば、サンインスミレサイシンが可哀想かな?

P5148480

続きを読む »

2017-06-19

岡山へダイセンキスミレを見に行く、その7、ダイセンキスミレに会えた

シハイスミレなどがたくさん咲いているので、舞い上がってしまいましたが、よく見ると、ダイセンキスミレも咲いているではありませんか。

これで本日の目的達成です..

P5148370

続きを読む »

岡山へダイセンキスミレを見に行く、その6、シハイスミレ

まだこの日の行程の半分しか歩いてないので、お昼休憩は早めに切り上げて次のピークの朝鍋鷲ヶ山に向かうことにします。

ダイセンキスミレはまだ咲き残っているならば、朝鍋鷲ヶ山に登る途中で咲いていると思います。何しろこの日の主たる目的はダイセンキスミレなんですから・・・。

P5148258

続きを読む »

2017-06-18

岡山へダイセンキスミレを見に行く、その5、トチの芽吹きを見ながら山頂へ

ようやく稜線に出ましたが、合流点にはもうどなたもいらっしゃいませんでした。

ここはもちろん休憩することなく、金ヶ谷山へと進みますが、4年前にはこんなところで道を間違ってしまったんですね(^_^;

P5148203

続きを読む »

岡山へダイセンキスミレを見に行く、その4、オオイワカガミにウスギヨウラク

朝は早出だったので、早いですが登山口で軽く食べておくことにしました。

ここからがこの日一番のメインの登りとなるのです。

おむすびを一つ食べていて、何気なく近くの木々を眺めていたら、あれ、ウスギヨウラクツツジが咲いているではありませんか。

P5148100

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく