本州の山

2020-04-18

今年も大江高山へ、その6、ようやくギフチョウ撮影そしてスミレいろいろ

コーヒーを飲んで落ち着いたところで、いよいよ下山にかかります。

樹走路ではギフチョウに会わなかったので、なにとぞギフチョウに会えますように・・・・Aさんはギフチョウをそれまで未見だったそうなので、なおさらです。

すると、うまい具合に下山し始めた途端にギフチョウに会えました。

P4044278

続きを読む »

2020-04-17

今年も大江高山へ、その5、イズモコバイモを満喫

そろそろイズモコバイモが出てきても良い頃だな~と思っていたら、第一コバイモ発見。

P4044152

続きを読む »

2020-04-16

今年も大江高山へ、その5、山頂へ

ようやく勾配も緩やかになり、やれやれと思いながら歩きます。

それにしてもい、これで5度目の大江高山ですが、大江高山に登る日は見事に晴れ渡るものですね。

P4044095

続きを読む »

2020-04-15

今年も大江高山へ、その4、シハイスミレが超可愛い

確か、明るい尾根に出たらシハイスミレが咲いているはず・・・・

急登も毎回、シハイスミレに癒されながら登ったのでした。

今年はどうかな?

P4044057

続きを読む »

2020-04-14

今年も大江高山へ、その3、神社から急登を登る

やがて、神社の建物が見えてきました。

P4043999

続きを読む »

2020-04-12

今年も大江高山へ、その1、しまなみ海道経由で本州へ

3月29日の鬼ノ城からの帰り道、Pさんと次の週はどこへ行こうか?という話が出ました。

アケボノツツジはまだ咲かないし、大江高山はちょうどイズモコバイモも咲きだしてるだろうけど、遠いので毎年は行けないし…などと話していました。

ところが、私たちが鬼ノ城に行っていた日に、高知の山仲間のAさんもいらっしゃってたそうです。あとでわかったのですが、その後、連絡を取ったところ、次の週はAさんは大江高山にいらっしゃりたいとのことです。高知からは相当遠いので、大江高山はさすがに無理だろうと思い、お誘いしたこともなかったのでしたが・・・でも、Aさんがいらっしゃるのなら、私たちもご一緒したいかな、それに花の場所も案内できるでしょうし・・・。Pさんに連絡したらPさんも乗り気です。

それが前日になって、Pさんは都合で行けなくなったのです。私だけで行くのもどうかな?と迷ったのですが、ネットで調べるとミスミソウもイズモコバイモもギフチョウも今年はもう出ているとのこと。イズモコバイモのあの可愛い花姿を今年も見てみたいという誘惑には勝てず、同行させてもらうことにしました。

Aさんは高知から国道194号で今治方面に来られるとのことで、今回はしまなみ海道経由です。しまなみ海道ができてすぐに九州からの帰り道に通ったことはありますが、もう長い間、通して走ってないので、それも興味津々です。

結局、6時に湯ノ浦温泉の道の駅で集合ということになりました。

P4043937

続きを読む »

2019-05-07

思いがけずもまた登れた大江高山、その6、スミレを見ながら下山

稜線歩きの途中では数人の方とすれ違いましたが、ギフチョウが目的の方やお花が目的の方が多いようでした。この時期は大江高山はいちばん賑わうと思うのですが、それでも静かなものです。

飯谷側の急登は避けられているのか、皆さん、山田側から登られてくるようです。

P4134684

続きを読む »

2019-05-06

思いがけずもまた登れた大江高山、その5、ギフチョウ

山頂に着いてしばらくしたら、薄曇りになってきて、午前中の強い日差しはなくなってしまいました。

でも、花の撮影にはあまり強い光線はギラギラした画像になってしまうので、薄曇りのほうがちょうどよいかも・・・

12時46分、下山を始めます。

この日もピストンではなく、山田側に下山するので周回になります。

P4134552

続きを読む »

思いがけずもまた登れた大江高山、その4、山頂へ

思った通り、急登に喘ぐ私たちのためにシハイスミレたちが待っていてくれました。

P4134507

続きを読む »

2019-05-04

思いがけずもまた登れた大江高山、その3、いよいよ急坂を登る

山麓に山辺八代姫命神社という神社があって、神社への参道になっていると思われる道をまっすぐに登っていると、傍らにはミヤマカタバミがいっぱい咲いています。まだ日があまり当たってないので、ほとんど閉じたのが多いですが、中には綺麗に咲いてくれている花もあります。

P4134442

続きを読む »

2019-05-02

思いがけずもまた登れた大江高山、その2、飯谷側から登る

用意をして歩き始めたのは9時45分。

短時間で登ってこられる山とは言え、けっして早い出発とは言えません。

私が初めて大江高山に登った10年前にはなかった説明板や案内板が登山口に立ってました。

最初の2009年は単独で訪れ、2度目の2011年にはRさんと二人で、そして3度目の2017年にはPさん、Eさんと一緒に登りました。

今回はいつもの3人で登ることができます。

P4134407

続きを読む »

2019-03-05

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その6、山頂から大山そして下山後にまたお花見

鈴振崖の上にはMさんたちご一行の方たちと登る途中で出会った単独の若い男の子が休憩されていました。男の子とは「また上でお会いしましょう」と言われていたのですが、私たちのずいぶん遅い到着で驚いていたことでしょうね。よほど山の好きな子なのか、山頂の岩の上で横に寝そべって展望を楽しんでいるようです。

私たちはともかく、お昼ご飯にします。もうお昼を回っているので、お腹も空くはずですね。

その前に、北側の展望をと思い、回り込んでみてみたらなんと大山が見えてるではないですか。

P2240882

続きを読む »

2019-03-03

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その5、山頂から鈴振崖へ

分岐から少し登ったら車道に出ました。

登る前に以前登ったときの記録を読み返したりしてなくて、記憶が曖昧ですが、車道に出合ったことは何となく覚えていました。

P2240854

続きを読む »

2019-03-01

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その4、思いがけない出会い

七合目を通過してすぐに、登山道左側に岩場があって、岩穴が見えています。

そして、今度こそ、岩穴の中にはなにかお祀りされているようです。

覗き込んだら・・・

P2240832

続きを読む »

2019-02-28

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その3、陽だまりで休憩

10時6分、三度目の渡渉点に来ました。

こんなに渡渉点が多かったとは記憶に残ってなかったのですが、登山靴にして正解でした。

P2240809

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく

更新ブログ