« 2019年2月 | メイン

2019年3月

2019-03-21

4年ぶりの吉田富士と吉田山、その4、内海ロックへ

吉田富士の山頂は眺めが素晴らしいし、風もそう冷たくないので、ここでお昼ご飯にします。

4年前に来た時と同じく、青い海の色がなんとも素晴らしく、再びこの景色が見られて感動しました。

P3091495

続きを読む »

2019-03-19

4年ぶりの吉田富士と吉田山へ、その3、吉田富士からの絶景

吉田山でしばし休憩を取った後、今度は吉田富士を目指します。

P3091469

続きを読む »

2019-03-16

4年ぶりの吉田富士と吉田山、その2、いよいよ山へ

吉田庵からは歩いても吉田温泉まではすぐなので、Rさんと私は眺めを楽しみ、スマホでパノラマ撮影したりしながら、歩いていき、Pさんはその間に車を移動させてくれました。

P3091435_3

続きを読む »

4年ぶりの吉田富士と吉田山、その1、小豆島は春爛漫?

3月第2週の週末の行先も迷いました。

10日の日曜日は雨の予報なので、9日土曜日にどこかに登ることになったのですが、最初はフクジュソウのお花見を兼ねて寒峰にでもという案もありました。が、フクジュソウはまだ次の週でも間に合いそうということで、ミモザが綺麗に咲いているという小豆島に行こうということに・・・。

去年は1月に洞雲山に登ってますが、4年前に登った吉田富士から眺めた青い海と綺麗な砂浜が忘れられません。確かRさんはあの時は同行されなかったので、見てないはず。Rさんにもあの景色を見せてあげたい・・・幸い、前日の新聞やTVの上方ではミモザや河津桜、常光寺桜も見頃とか・・・

お花見もかねて今週もまったりと低山に登りますか・・。

P3091516

続きを読む »

2019-03-15

引田ひな祭りと白鳥の河津桜+東讃の3座、その7、熊高山

霊芝寺駐車場を後にして、いよいよ最後の山…熊高山に向かう訳ですが、今までの2座と違い今度は登山口に目印になる建物もありません。一度登っているというPさんに言われるままに、田んぼ道を走ります。登山口は結局、熊高山の南東に位置していました。

登山口すぐ下の車道が幸い路肩が広くなっていて、軽自動車一台置いても邪魔にはならないようです。

P3021230z

続きを読む »

2019-03-14

引田ひな祭りと白鳥の河津桜+東讃3座,その6、石鎚山後編

山頂で少し休憩したら、下山を始めます。

下山開始は14時58分。

P3021206

続きを読む »

2019-03-13

引田ひな祭りと白鳥の河津桜+東讃3座、その5、石鎚山前編

五瀬山から下ったら、お次は石鎚山らしいです。

石鎚山は石鎚山でも標高198mでちょうど本家本元の石鎚山の十分の一のサイズだそうです。

登山口は霊芝寺というお寺だそうで、ナビに霊芝寺を入れて走ります。

P3021188

続きを読む »

2019-03-12

引田のひな祭りと白鳥の河津桜+東讃3座、その4、五瀬山後編

五瀬山に着いての前知識がないので、石鎚神社周辺にもしかしたら山頂があるのかと思っていたら、Pさんの話では「山頂まではまだまだ」だそうです。

P3021166

続きを読む »

2019-03-10

引田のひな祭りと白鳥の河津桜+東讃3座、その3、五瀬山前編

河津桜のお花見とお昼ご飯を済ませたので、いよいよ山登り開始です。

まずは登山口へ移動しますが、まず登る五瀬山の登山口は病院の奥にあるそうなので、病院をナビに入れて車を走らせます。登山口に行くにはどう考えても病院の敷地内を通らせてもらうよりないようでした。普通の道とはちょっと趣が違うので、車を停める場所も考えます。

Pさんはこれから登る3座とも以前に登っているそうで、そういう仲間がいると心強いですね。

P3021140

続きを読む »

2019-03-07

引田ひな祭りと白鳥の河津桜+東讃3座、その2、河津桜

引田からはナビ設定して、一般道で白鳥小学校を目指します。

引田は香川でも西の端に位置するので、白鳥へは東に戻ってくるという感じです。

前回の東讃の山登りでは白鳥神社傍の日本一低い山も訪れましたっけ。

今回眺める河津桜は湊川という川のほとりに植えられているようです。ナビが白鳥小学校まで誘導してくれた後は、ピンクを探して!と皆に言います。

すると、ありましたよ。

ピンクの並木道・・・

P3021131

続きを読む »

引田ひな祭りと白鳥の河津桜+東讃3座、その1、引田飾り

3月最初の週末は当初は天気が悪そうでしたが、だんだん良くなってきて2日はどうやら晴れるようです。3日は雨らしいので、2日に行くならどこにしましょう?四国の山は雪ももうなさそうだし、かといって、この時期のお花はもう見てしまったし・・・ちょうど引田のひな祭りの日なので、ひな祭り見物を絡めて、手ごろな里山に登るのはどうかな?とラインで流して置いたら、そうしましょうとのことです。幸い、前夜、ローカル番組をTVで見ていたら、白鳥の河畔に河津桜も見頃だそうです。これはぜひともお花見も予定に入れなくては・・・

3週間ぶりで3人が揃った山行です。

もう里山程度なら凍結もなさそうだし、東讃は道が狭そうなので、うちの軽を出すことにします。Pさんとは丸亀某所で8時に待ち合わせ、Rさんは前回同様、高速のバス停で拾うことになりました。

山登りの記事を期待されている方には申し訳ないですが、しばらくひな人形の派手な画像を並べます。

P3021088

続きを読む »

2019-03-05

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その7、おまけのカルスト台地と絹掛の滝

セツブンソウ自生地を後にして、まずは野草の宝庫であるM谷に向かったのですが、入り口は金網で固く閉ざされていて、到底入れそうもありません。何かあったら困るので、そうせざるを得ないんでしょうね。それに、最近は盗掘も増えていたとか聞きました。

となれば、ちょっと花には早いでしょうが、草間台へと向かって見ます。

ここはおよそ10年ほど前にも一度訪れていて、その時はミスミソウなどの可憐な花が盛りだったように記憶しています。

P2240930

続きを読む »

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その6、山頂から大山そして下山後にまたお花見

鈴振崖の上にはMさんたちご一行の方たちと登る途中で出会った単独の若い男の子が休憩されていました。男の子とは「また上でお会いしましょう」と言われていたのですが、私たちのずいぶん遅い到着で驚いていたことでしょうね。よほど山の好きな子なのか、山頂の岩の上で横に寝そべって展望を楽しんでいるようです。

私たちはともかく、お昼ご飯にします。もうお昼を回っているので、お腹も空くはずですね。

その前に、北側の展望をと思い、回り込んでみてみたらなんと大山が見えてるではないですか。

P2240882

続きを読む »

2019-03-03

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その5、山頂から鈴振崖へ

分岐から少し登ったら車道に出ました。

登る前に以前登ったときの記録を読み返したりしてなくて、記憶が曖昧ですが、車道に出合ったことは何となく覚えていました。

P2240854

続きを読む »

2019-03-01

成羽天神山と2度目のセツブンソウお花見、その4、思いがけない出会い

七合目を通過してすぐに、登山道左側に岩場があって、岩穴が見えています。

そして、今度こそ、岩穴の中にはなにかお祀りされているようです。

覗き込んだら・・・

P2240832

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく