展望

2017-02-01

今年初の寒波の中、鷹丸山へ、その1、神社から登る

1月の第二週末は天気予報ではこの冬一番の寒波が襲来すると言ってました。

私はその4日前の10日に須磨アルプスに登ったばかりでしたが、山友達のRさんは確かここしばらく山に登ってなかったはず。2週間も登らなかったら体が鈍るのでは?と思い、急遽、里山にでもとお誘いしました。なんでも最高気温5度ぐらいだとかで高い山は避けたほうが無難です。14日の土曜日は寒いものの天気は持ちそうなので、今年の干支の山である鷹丸山に登ることになりました。

鷹丸山は2年前の忘年山行でも登っていますが、今回は登山口を変えて今まで歩いてない西麓の神社から登ることにしました。

お昼過ぎには下山できるでしょうから、近くのカフェでランチでも食べましょうという話も出ました。

P1147576

続きを読む »

2017-01-26

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その8、またコゲラに会う

岩場歩きも終わってから、今歩いてきたところを振り返ります。

人気のコースなのか、平日にもかかわらずまずまずの人と出会いました。

さすがに大都会の裏山ですね。

P1107244

続きを読む »

2017-01-25

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その7、岩場歩きがあった

横尾山まで来たら、後はもう下山かな~というイメージがありました。

スマホの地図で確認すると、下山途中に馬ノ背というところや東山を通過するようです

P1107206

続きを読む »

2017-01-23

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その5、市街地も歩く

鉄拐山の山頂には年配のご夫婦がいらして、初めて来られたのか記念写真のようなものを撮影されてました。ご夫婦の撮影が終わるのを待ち、山名表示を撮影します。

休憩しようという気になれず、そのまま歩きます。

P1107074gekikudari

続きを読む »

2017-01-22

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その4、ヤブツバキも咲いてた

四国では山歩きの途中で茶店だの売店だのと言うのはほぼお目にかかれないのですが、六甲山系には途中にいろいろなお店があるので、もし手ぶらで来たとしても飲み物も食べ物も調達できるんですね。

それに、至る所から市街地へと下る道がついていて、途中で会った人の中にはザックも持ってない人も何人かいらっしゃいました。こんなところも四国の山より気軽に登れる山と言えるのかもしれません。

P1107040

続きを読む »

2017-01-21

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その3、コゲラに出合う

展望台でほんの2~3分、眺めを楽しんだら、また階段を登ります。

何しろ初めてのコースなので、所要時間もよくわからないし、あまりのんびりとできないのです。

P1106991

続きを読む »

2017-01-19

青春18きっぷで須磨アルプスに登る、その2、モチツツジも狂い咲

駅の近くに今から歩こうと思っているコースが記載されていたので、確かめました。

まずは標高260mの鉢伏山を目指し、その後旗振山、そして鉄拐山と歩いていけばよいみたいです。

これは六甲全山縦走路の一部となっているようですね。

P1106946

続きを読む »

2017-01-16

2017年の登り始めは皿ヶ嶺で、その3、下山

山頂にはその後もどんどん人が来られるので、座る場所を空けるためにもそろそろ下山し始めたほうが良さそうです。

帰りは温泉に立ち寄る予定にもしていることですし・・。

P1046763

続きを読む »

2017-01-14

2017年の登り始めは皿ヶ嶺で、その2、石鎚遠望

竜神平にどなたもいらっしゃらないというのも珍しいですね。

愛大小屋到着は10時38分でした。

着いたときは愛大小屋にまだ日が射してなかったのですが、外のテーブルで休憩している間に、日が射してきたようです。

P1046718

続きを読む »

2017-01-09

2016年の登り納めは毛無山~白馬山、その5、ツノハシバミの冬芽

山頂にいたときは薄曇りになってきていたので、これは午後からは天候が崩れ気味かな?と危ぶんでいたのですが、白馬山へ向けて稜線を下るにつれて、青空が復活してきました。

Pc256416

続きを読む »

2017-01-08

2016年の登り納めは毛無山~白馬山、その4、白馬山へ向かう

毛無山の登りの途中では、大山の姿は一切見ることができません。

なので、山頂に着く前は大山が見えているかどうかが、ずいぶん気になって仕方ないのです。

見えてるかな~?それとも?

Pc256362

続きを読む »

2017-01-04

2016年の登り納めは毛無山~白馬山、その1、気がかりな大山の姿

12月下旬ともなると、大掃除や年越しの準備などもあって、例年、あまり山にも行けないことが多いのですが、今年はPさんが25日にクリスマス登山をしませんかと誘ってくれたので、大掃除をさぼってたまには良いかな~と行く気になりました。

行き先はいろいろと案も出たのですが、結局、岡山の毛無山に行くことになりました。冬の毛無山には今まで3度ほど登っていますが、何れもセツブンソウのお花見とセットで登っているので、2月とか3月に登っていて、12月に登るのは初めてのことです。

下山後にセツブンソウ自生地まで行くとなるとなんとなく気ぜわしいのですが、今回は登山のみですから気楽です。

Pc256537

続きを読む »

2017-01-01

今年も初冬の南嶺へ、その3、室戸岬に足摺岬まで見えた

樹林帯に入っても、ほかの方のペースが速いのでなかなか追いつけないな~と思っていたところ、今度は赤い実を発見。

Pc115628

続きを読む »

2016-12-25

今年も初冬の南嶺へ、その1、石立山まで見える

去年もムラサキセンブリ散策にPさんと一緒に来て、その途、南嶺を歩いたのでした。

ところが高知の山に登ることはよくあっても、市内の里山の登山口はさっぱり土地勘がないので、ナビで筆山公園と入れて何とかたどり着いたのでした。

今回はTさん、Aさんと、二人も地元の方がいらっしゃるので心強い限りです。

Aさんが先導してくださる車にRさんの運転でついていくのですが、途中、はりまや橋や市内中心部を通過し、「こんなとこ、去年通ったんだろうか?」と二度目なのに、さっぱり道を憶えていませんでした。やっぱりお二人にお声がけして良かったと思いました。Aさんの車を見失っても後ろにTさんの車がついてきてくださるので大丈夫です。

10時50分、筆山公園の駐車場に着きました。

Pc115531

続きを読む »

2016-12-23

犬返し~石ヶ山丈~魔戸の滝、その5、最後に魔戸の滝へ下る

今まで見た中でも一際高い石積みに出てきたと思ったら、そこが石ヶ山丈でした。

石ヶ山丈というちょっと変わった名前は上部鉄道の駅名です。と言っても、私もこの時に行ったからわかっただけで、それ以前は日浦から銅山越に至る銅山の遺跡ぐらいしか知っていませんでした。上部鉄道という名前も聞いたことはあるというぐらいのものでしかありませんでした。

検索すると「別子銅山で採掘された鉱石は、角石原駅(かどいしはら)で積み込まれ、途中交換駅の一本松駅を経由し、石ケ山丈駅(いしがさんじょう)で降ろされ、索道で下部鉄道(後述)の端出場駅(はでば)に輸送された後、新居浜港へ運搬されていた。ここより標高の低い第三通洞の開通により役目を終え、1911年(明治44年)10月7日、18年間で廃止された。」とあります。

Pc035222

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく