野草散策

2018-11-04

噂のUFOラインを歩く、その2、アサマリンドウの時期はさぞや・・

伊予富士といえば、私の中では展望が良いのと、笹原が素晴らしいこと、そしてアサマリンドウがたくさん咲く山というイメージがありました。

今回の登山口は登り始めて1時間ほどで伊予富士に着くという、ずいぶん楽なコースらしいです。

そして、このコースも、やっぱりアサマリンドウがたくさんありました。

Pa132867

続きを読む »

2018-11-01

噂のUFOラインを歩く、その1、本日の登山口は?

苗場山&東京から帰ってきたのは10月7日のことだったのですが、その週の週末に、山仲間のPさんからお誘いがあって、13日に四国の紅葉も見に行きましょうということになりました。

石鎚は紅葉の時期は混雑するらしいので、石鎚は避けてそれより少し標高の低い山ということで、Pさんにコースはお任せしてありました。その頃は帰って間もない頃で、さぼっていた家事だの庭仕事だの剪定だのが忙しかったのです。するとPさんからラインで「伊予富士から東黒森はどうですか」という連絡がありました。伊予富士から西はまだ歩いたことがなかったので、二つ返事でOKします。林道歩きが長いですが・・・とあったので、私としてはてっきり寒風茶屋~桑瀬峠~伊予富士~東黒森、そして長い林道歩きを経て寒風茶屋へ戻ってくるのだろうと思っていました。

集合は大野原の某所に6時となりました。

Pa133000

続きを読む »

45年ぶりに苗場山へ、その14、オオシラヒゲソウや時ならぬ秋のお花畑

民宿で朝食をいただいた後、お礼を言って東京へと出発します。

途中、産直に立ち寄りリンゴやキノコをgetして、娘宅へ持っていくつもりですと話したら、栄村の直売所を教えていただきました。そして、津南に出るには国道405号より林道東秋山線を走ったほうが道が広くて走りやすいと教えていただきました。

確かに林道と名はついていますが、こちらの方が道幅も広く対向車が来ても困ることはありませんでした。

この時のドライブで、いろいろな花が見られました。

まず驚いたのはオオシラヒゲソウです。

Pa052434oosirahigesou

続きを読む »

2018-10-31

45年ぶりに苗場山へ、その13、早朝の小赤沢散策

翌5日はぐっすり眠ったおかげで、5時半には目覚めました。

民宿の朝食は8時にお願いしてあったので、外が明るくなり始めたころに、ウインドブレーカーを羽織って散歩に出かけました。

Pa052370

続きを読む »

2018-10-29

45年ぶりに苗場山へ、その12、無事に下山

さすがにもう登ってくる人もおらず、下山する人に追い越されるということもなく、とにかく下りで転倒するなんて言うことのないように、細心の注意を払いながら下ります。

Pa042293

続きを読む »

2018-10-24

45年ぶりに苗場山へ、その9、鎖場を経て山頂の一端に

五合目辺りはぬかるみがひどくて、とても地べたには座れないので、乾いていそうな石や木を探してその上に腰掛けて休憩します。

登りなので汗も少し書いたので、水分補給もしてチョコレートや飴など行動食も摂ります。

私は朝食用に買ってきていたサンドイッチをまだ食べてなかったので、それもここでいただきました。

たまたま同行されることになった広島のご夫婦は、今までにもロープウエイ利用での谷川岳など、どちらかというとあまり歩かなくても良いような山ばかりに登られているそうです。驚いたのは前日の3日は、広島のご夫婦も栂池自然園を散策されたそうで、違うのはご夫婦は前夜は野沢温泉に泊まられたそうですが、こちらは長野市内で泊ったことだけですね(^^;)

Pa042209

続きを読む »

2018-10-19

45年ぶりに苗場山へ、その5、浮島湿原へ

プチ周回してきて道標を見たところ、「浮島湿原」という文字が見えました。

展望湿原というのもあるようですが、ガスがかかってきて展望は望めそうもないので、浮島湿原へ行ってみるとしましょうか。

Pa032031

続きを読む »

2018-10-17

45年ぶりに苗場山へ、その3、紅葉に見とれて

ゴンドライブは標高1500mぐらいまで上がっていくらしいのですが、途中から紅葉真っ盛りの木々の上を通過するようになりました。

Pa031945

続きを読む »

2018-10-14

塩塚峰でススキと花を楽しむ、その3、ハバヤマボクチ

なおも山頂目指して歩いていると、背の高いボクチが見えてきました。

P9281664

続きを読む »

2018-10-12

塩塚峰でススキと花を楽しむ、その2、東屋から山頂へ

花を見つけては車を停めてうろうろするので、なかなか東屋に行きつきません。

おまけにススキが風に揺れる様子が素晴らしくて、足を止めてしまいます。

P9281556

続きを読む »

2018-10-11

塩塚峰でススキと花を楽しむ、その1、車道沿いの花

早く遠出に出かけたいと思いながらも9月末は野暮用がいくつもあって、出かけるに出かけられませんでした。

9月28日は予報では天気が良さそうですが、この日も午後3時から野暮用があります。とはいえ、山仲間のPさんがお誘いのラインをくれました。午後3時までに帰ってこられる山というと里山ぐらいしかありませんが、「塩塚峰はどうですか?」とのこと。

塩塚峰というと、ずいぶん前に一人で車で散策に出かけたことがあります。

その時の記録を調べたらなんと2006年9月10日のことで、12年も前のことでした。

当時の記録はこちら

P9281604

続きを読む »

2018-10-10

2日連続で県境散策を、その4、テイショウソウとアサマリンドウ、赤そば畑

車での散策が終わったら、山道を少し歩くことにします。

といっても、ほんの30分ほどの歩きです。

お目当てはアサマリンドウとテイショウソウです。

私たちのすぐ後ろからご夫婦連れの方が歩いてこられ、お尋ねしたら、どうやら私たちと同じ花がお目当てのようでした。

この場所のアサマリンドウを見ると、いつも御嶽の噴火を思い出します。というのも、2014年の9月27日、ちょうど一人でこの場所を散策していて御嶽の噴火のことを知ったのです。

とても天気の良い日でした。アサマリンドウが良く開いていたことを思い出します。

今年の散策では生憎と山の中に入った頃からガスが出てきたようです。そのためにアサマリンドウはあまり開いてくれず、撮影も少し難しかったです。

まずは、この日見てきたテイショウソウです。

P9231349

続きを読む »

2018-10-09

2日連続で県境散策を、その3、アケボノソウとツルニンジン

ブログの更新を予告もなしに一週間も途切れさせてしまいました。

前々から本州方面へ行くつもりだったのですが、今年は毎週のように台風が来たり、天気が良い時はこちらの野暮用があったりと、なかなか出かけられず、2日の夜に急遽出発しました。そうと決めたらすることが山のようにあって、パソコンを開いている暇もなく、皆様にはご心配おかけしました。

新潟、信州方面を回ってきて、その後は東京の娘宅へ行き、孫たちと遊んできました。8日(昨日)早朝に帰宅しましたが、帰ったら帰ったですることがたくさんあって、やっとこちらのブログを更新できそうです。

さて、一人で県境散策をしたのは9月22日のことでしたが、その後、山仲間のPさんから連絡があって、翌23日もPさんと散策することになりました。午後からの散策です。私のほうも前日は時間切れで見られなかった赤そば畑やアケボノソウを見たかったので、2日続きの散策に出かけることにします。主人も二日連続でゴルフだの島行きなので、こちらもお出かけとしました。

天気もまずまずです。

P9231287

続きを読む »

2018-10-01

2日連続で県境散策を、その2、ナンバンハコベ、ムラサキヒヨドリジョウゴほか

この日、見られるといいな~と思っていた花は、実はもう1種ありました。

ナンバンハコベです。

前の週に歩いた梶ヶ森ではナンバンハコベも咲いているはずなのですが、どういうわけか今年は見つけられませんでした。たまたま咲いてなかっただけなのか?それとも、梶ヶ森から消えたのか?山生のPさんがいたく残念がっていたので、これも見つけるつもりでした。

ところが、以前見た場所には咲いてなくて、ナンバンハコベも今までとは別の場所で咲いていました。

最初は前日の雨にたたかれたのか、何か白いぐちゃぐちゃした花が咲いているという印象でしたが・・・

P9221278

続きを読む »

2018-09-30

2日連続で県境散策を、その1、タカネハンショウヅルとミゾソバ

梶ヶ森に行ったのは9月最初の3連休のうちの一日でしたが、その翌週も3連休でした。

しかも、天気もまずまずのようです。

主人はゴルフなどでお出かけ続きで夕食もいらないようなので、一日は家事を片付けましたが、梶ヶ森で家事はタカネハンショウヅルヶまだあまり咲いてなかったのと、ナンバンハコベヶ見られなかったので、その二つを見るために出かけることにしました。

タカネハンショウヅルはいつもと違うちょっと意外な場所でも見かけました。いつもの場所の株はまだ時期的に早かったようです。

P9221273

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく