« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月

2007-06-29

6月の野山の花、その3、シュンジュギクなど

シュンジュギクとは耳慣れない花の名前ですね。

私もその名を聞いたのは,3年ほど前に野草友達に聞いたのが初めてでした。

P1110907

続きを読む »

2007-06-28

6月の野山の花、その2、イチヤクソウなど

イチヤクソウは四国の山では比較的良く見る花です。

緑の濃いつやつやとした葉っぱは,秋にもよく目立ち、花茎は4月末頃から上げ始めるのですが、開花までは結構待たされます。

P1120102

続きを読む »

2007-06-24

6月の野山の花、その1、イナモリソウなど

6月も、後1週間足らずで終わりますね。

梅雨の最中でもあり、本格的な山歩きはもう今月いっぱいは出切るかかどうかわかりませんので、今までドライブなどで山地を訪れて見てきた花をご紹介しようと思います。

P1110809

続きを読む »

2007-06-23

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その10

一応,ピークには着いたわけですが、2年前にはなぜかもっと先まで歩いて、そこでお昼を食べたような記憶があります。そこで、私だけ,もう少し先まで様子を見に行くことにしました。

P1110667

続きを読む »

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その9

2年前にもまったく同じコースを歩いているわりには、記憶がおぼろです。やはり人について歩くだけの山行は、ルートをしっかりとは憶えていないですね。

P1110654

続きを読む »

2007-06-21

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その8

タニギキョウを撮影した後,西門山山頂方面から下ってくるパーティーとすれ違いました。20名ほどもいる大人数のパーティーで、トップはなんと70代と思しき男性です。山ではほんとは登り優先で狭い道ですれ違うときは下りの人が道を空けるのがルールですが、あまりにも高齢の方がトップを歩いていたので、こちらが待つことにしました。稲叢山は歩いているパーティーも多かったですが、隣の西門山のほうはどちらかと言えばマイナーな山のようで、登山者も少なそうです。一応、四国百山に入ってる山なのですけどね。

2年前に来た時も岩場などは標高の割りに深山の雰囲気でしたが、山頂が展望もなくちょっとつまらない山だったので、そのせいかも知れません。

P1110634

続きを読む »

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その7

10時45分、稲叢山山頂に着きました。

山頂の岩の上には先客が二人いました。

P1110617

続きを読む »

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その6

オオヤマレンゲを充分見たり撮影したりした後、9時50分、山頂に向けて出発です。

このコースは樹木の種類が多くて、木の好きな人にはほんとにうってつけのコースです。

P1110592

続きを読む »

2007-06-20

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その5

しばらく山の斜面を巻いていましたが,再び、稜線に出てきました。

山道の傍らにオオヤマレンゲの木を見つけました。この日は結局、小さい木も含めるとかなりの数のオオヤマレンゲを見ましたが、ほとんどすべてが稜線に自生していたようでした。

P1110547

続きを読む »

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その4

登山口にオウギカズラの花が咲いています。

オウギカズラは掲示板などで見たことはありますが、実物は初めてです。

これは幸先が良いですね

P1110533

続きを読む »

2007-06-19

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その3

稲村池から稲村トンネルまで引き返すために車で走り始めると直ぐに、何やら白っぽい花が見えます。来る途中、Rさんも見付けていたようで、車を停めて確認することにしました。

P1110524

続きを読む »

2007-06-18

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その2

何しろ花の好きなものが3人も集まっているのですから,花を見つけると停まらないわけにはいきません。

P1110511

続きを読む »

三年ぶりのオオヤマレンゲ、その1

オオヤマレンゲはほんとなら、先週,見に行く予定でした。

それが雷注意報などが出たために、急遽、銅山越へのアカモノのお花見に変更にしたのは、前回の記事に書いたとおりです。

先週初めに、最近良く山にいっしょに行っているTさんと満濃池の蛍狩りのことなどで、メールや電話でやり取りする機会がありました。そのときに話題に上がったのがオオヤマレンゲで、Tさんは17日が仕事がお休みで、稲叢山にオオヤマレンゲを見に行く予定にしているので、私のほうが都合がつけば是非いっしょに行きましょうと誘われていました。オオヤマレンゲは3年前に思いがけず剣山で見ているので、私自身はそれほど何が何でも見てみたいという気はなかったですが、見ていない人にはやはり魅力の花なんでしょうね。

しかし,私のほうは先週末までに済ませなければいけない用事があったり、週後半になって末っ子が高熱を出すなど予期せぬことが起こり、しかも週間天気予報では週末は雨の予報が出ています。このぶんではたぶん山行きは無理かな~と思ってました。それが土曜日に何とか仕上げなくてはならない用事も済み、末っ子も熱が下がり普段と変わらない体調に・・。天気予報を見てみると,17日は曇り後雨に変わっています。すべての事情が好転したので、Tさんに稲叢山に行ける旨の携帯メールを出したのが,16日の夕方5時前のことでした。

Tさんは一人で行く予定にしていたらしくて、喜んでくれました。その後,1時間もしないうちに携帯に今度は野草友達のRさんから県内の山に登ろうというお誘いが入ってきました。Rさんには折り返し「稲叢山に行くのでそちらに行きますか?」と返信したら行きたいとのことです。そんな事情で思いがけずとんとんと話しが進みました。山行の予定って、前々から段取りしていてもお天気やメンバーの体調や事情などで行けないときは行けないものだし、行けるとなったら,こんな具合にとんとんと話しが進むことが良くありますね。これも縁と言うものでしょうか?

P1110559

続きを読む »

2007-06-14

銅山越へアカモノのお花見に、その7

銅山越まで下ってきたら、ガスが晴れたようで,周囲の山々が見え始めました。

P1110258

続きを読む »

銅山越へアカモノのお花見に、その6

銅山越では先ほど私達を追いぬいていかれた、男性ばかりのパーティーの人たちがお昼を食べている最中でした。もう少し登ると去年ツガザクラの群生を見た東山方面で、その辺りは見晴らしも良くて気持ちがいいので、そこまで歩くことにします。

P1110229

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく