« 2017年6月 | メイン

2017年7月

2017-07-27

堂ヶ森に初めて登る、その1、Tさんとは11年ぶりにお会いする

5月の初めに、学生時代の山仲間S君とずいぶん久しぶりに皿ヶ嶺を歩いたという記事は、6月初めごろにアップしたと思います。

長らく一緒に歩いてなかったのですが、共通の山仲間I君の突然の死を悼んで久しぶりに山行を共にしたのでした。たまたまS君もこの春にリタイアされ時間的に余裕もできたということで、機会があればまたどこかの山にでもという話をその後もしていました。

6月末になってそろそろササユリの開花情報を知るにつけ、以前からずっと登ってみたかった堂ヶ森にササユリを見に行くなら今年が良い機会かなと考えました。というのも、7月半ばと言う時期は以前だったら北アルプスに行く時期で、とても堂ヶ森に行く暇がなかったのですが、今年は7月20日頃からいろいろな野暮用が山積していて、その時期は遠征はとてもできそうにないからです。

S君の話では堂ヶ森には良く登られるそうなので、これは是非とも案内していただきたいもの。

何度かメールをやり取りした結果、7月14日に堂ヶ森にササユリ山行に行くことになりました。

P7140539

続きを読む »

2017-07-24

スズサイコ・・・・夕方に咲く花

7月初旬のこと、天気の悪い週末に山仲間の方を誘ってヒマワリ畑を見に行きました。

そのときのことですが、カメラの具合が悪くて、電源が一向に入りません。

長い間オリンパスの一眼を愛用してきましたがオリンパスが一眼から撤退し、その後どういうカメラを使うか…ずっと気がかりでした。ヒマワリを見に行った帰りにその足でカメラ屋さんに立ち寄り下見。いろいろと話を伺ったりして、結局オリンパスのミラーレス、OM-Dを買うことにしました。

7月14日は堂ヶ森にササユリ山行に行く予定で、その時に新しいカメラを持参する予定ですが、少し山でのカメラの扱いに慣れておこうという魂胆でスズサイコを見に行きました。

P7120233

続きを読む »

西尾根から登る寒峰、その5、フタリシズカがいっぱい、そして下山

下りモードになっていた体のモードを切り替えて、再び登りモードにします。

林道から尾根に入り、登り始めた途端に、モリイバラと思われるノバラが咲いているのを発見。

P6171619

続きを読む »

2017-07-22

西尾根から登る寒峰、その4、眺めを堪能したら林道へ下る

山頂からの眺めは去年もばっちりでしたが、今年はそれにもまして素晴らしいです。

本来なら梅雨の最中なのですが、今年は週末に素晴らしい天気が続いています。

P6171555

続きを読む »

2017-07-21

西尾根から登る寒峰、その3、鞍部から登山道に合流

西寒峰に着いたはいいのですが、地図では西寒峰のすぐ東側を登山道が通っているので、ここまで来たらすぐにでも登山道に合流できるのかとおもっていたら、これが甘かった・・・。

東側を眺めても急な斜面になっていて、登山道らしきものは一向に見えません。

急斜面を無理やり下っても危なそうだし・・・・思案しているとYさんのご主人が西寒峰の北側が緩やかな斜面になっているので、こちらを下れば鞍部で登山道に合流するのでは?と・・・。

なるほど、そのほうが無難そうですね。

P6171492_2

続きを読む »

2017-07-20

西尾根から登る寒峰、その2、尾根の上部で展望が開けた

周囲が自然林になってきたので、上を見上げると、これがまた素晴らしい緑でした。

P6171434

続きを読む »

2017-07-18

西尾根から登る寒峰、その1、穏やかだった西尾根

3月末に岡山の山仲間のYさんから寒峰を西尾根から登りたいという希望があって、日程もメンバーも決まっていたのに、直前になってメンバーの体調不良に加え、直前に3月としてはかなりの雪が降りました。メンバーの方たちもすでに車のタイヤを夏タイヤに交換済みだったりで登山口までがアクセス不能ということもあったりで、山行延期になっていました。

寒峰には私は数年前にフクジュソウを見行った私は、その時だけはすんなりと普通の登山口から登ったのですが、去年はPさんご夫妻に高野からマドの天狗、寒峰台地経由で登るというルートを案内していただきました。ところが、このときはカメラにメモリーを入れ忘れるという大失態。ちょうどその頃は忙しったこともあって、山行記録そのものもアップしませんでした。

それが6月に入って、延期していた寒峰西尾根を登りましょうという話が再燃して、今度こそは天気もまずまずで決行できる見通しとなりました。

今回の山行日は6月17日、私としては九重から帰ってきた次の週末なので、タイミングもばっちりです。

メンバーは岡山のYさんご夫婦、Yさんの友人のFさん、Aさん、それにいつもの山仲間のPさん、私と言う顔ぶれです。高松の山仲間のRさんは田植えの予定が入ったため、残念ながら参加できなくなりました。

P6171556

続きを読む »

2017-07-16

ミヤマキリシマに初めて会いに行く、その6、下山後は列車の旅

牧ノ戸峠からはあれほどたくさんの人が登っていたけど、下山の頃には登ってくる人も少なくなっていました。

尾根通しの道を下っていると、ピンクが素晴らしく綺麗な場所が合って、ピンクの中を登ってくるパーティーの人たちに目を奪われました。こんな光景見たことありません。

P6091067

続きを読む »

2017-07-15

ミヤマキリシマに初めて会いに行く、その5、急登だけど素晴らしかった山頂への道

星生山分岐から星生山山頂までの道はどのぐらいの登りなんでしょう?

下から見上げると標高差は150mぐらいかなと思ったりもしますが、地図を見ると分岐からのコースタイムは20分になっていました。

実際、写真を撮りながら登った私の所要時間が22分なので、見た目よりも意外と時間はかからないようです。

P6090999

続きを読む »

2017-07-13

ミヤマキリシマに初めて会いに行く、その4、扇ヶ鼻分岐で悩む

団体さんも、先ほどよりはばらけてきて、かなり歩きやすくなってきました。

何より、展望が素晴らしくなってきたのと、いろいろな花が出てくるので、テンションが高くなってしまいます。

P6090944

続きを読む »

2017-07-12

ミヤマキリシマに初めて会いに行く、その3、ツクシドウダンにコケモモまで

6月9日の朝は、旅先のいつもの朝と同じく早朝から目覚めました。

宿の朝食は時間が遅いので、私たちは7時半に出来上がるというおにぎり弁当を待ってから出発します。

P6090859

続きを読む »

2017-07-11

ミヤマキリシマに初めて会いに行く、その2、タデハラ湿原散策

やがて、車は見覚えのある長者原に着きました。

長者原には2008年8月末に主人とドライブで来たことがあります。

この時に、長者原が九重連山の登山口であることを知ったのでした。

この日はすでに13時半を回っているので、山に登っている時間はありません。タデ原湿原散策をして宿に向かえばちょうど良い時間になるでしょうとIさん。

P6080761

続きを読む »

2017-07-10

ミヤマキリシマに初めて会いに行く、その1、アプローチ

毎年、6月上旬はちょっとした花の端境期になります。

山の春の花はすでに終盤で、かといってタカネバラやオオヤマレンゲにはちょっと早いし、特に今年は花の開花が遅れているので猶更でした。6月と言えば、日が長い時期なので、花が咲いてないのを逆手に取って、寒峰~落合峠縦走と言うロングコースでも歩こうかなと考え、山仲間のエントツ山さんに相談の電話をかけてみました。結果的には2か月間山をお休みしていたRさんが直前に参加できることになったので、このときの寒峰~落合峠という案は流れて西赤石行きになったのですが、その電話の際に、エントツ山さんが6月にミヤマキリシマを見に九重に登られるという話を聞きました。ミヤマキリシマが山肌をピンクに染める光景はは一度は見る価値があるよとも・・。

良いタイミングで良いことをお聞きしました。今まで九州にはドライブや旅行では何度も行っていますが、山登り目的で行ったことはありません・・・が、ちょうどミヤマキリシマが咲く季節ならば、今度こそ山登りも兼ねて行けそうです。6月末には東京にいる息子のところに孫が生まれる予定ですが、6月10日頃なら、特に用事もありません。

それに、主人の友人で福岡に住んでいる方がこの4月に四国に来られた際、頼まれて飯野山を案内したのですが、もしかしたら逆に九重を案内していただけるかも・・・。主人に、福岡の友人Iさんに連絡してもらったところ、6月8日~9日なら予定もないので案内していただけるとのこと。天気もその頃なら良さそうです。平日なので、ミヤマキリシマの時期は混み合うという九重の山々も少しは込み具合がましかな?

P6091068

続きを読む »

2017-07-09

快晴の西赤石へ、その6、古い道標から下山

12時22分、山頂に着きました。

山頂には東山付近で追い越していった若者たちが大勢いてちょうどお昼休憩中でした。

最近、四国の山でも若い人を見かけることがずいぶん多くなって、嬉しいですね。

P6040545

続きを読む »

2017-07-08

快晴の西赤石へ、その5、石鎚が見えてきた

西赤石の山頂までにはいくつかの偽ピークみたいなのがあって(単にコブですが)末っ子が小学5年ぐらいの時に連れて登ったとき、あれこそが山頂かと思ったらぬか喜びみたいな繰り返しで、とうとう末っ子が機嫌が悪くなって山頂まで行けずに引き返したことがありました。

その後、何度も登っているのに、いまだに山頂までの過程が覚えきれてないところがあります。対照的に東赤石の山頂への過程は実に詳細に覚えているのに、この差は何なんでしょう??

P6040488

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく