« 2018年5月 | メイン

2018年6月

2018-06-24

裏寒風へオオヤマレンゲを見に、その5、アカモノ、そしてユキワリソウ

通常の登山道のわきにもオオヤマレンゲの株が1株あって、幸運なことにこちらも開花していました。

P6098238

続きを読む »

2018-06-23

裏寒風へオオヤマレンゲを見に、その4、ガスが激しく流れる

西峰の岩場の上で、今度こそお昼ご飯にします。

もうこれ以上登らなくて良いという場所でお昼というのは嬉しいものです(^^;)

P6098144ohiru

続きを読む »

裏寒風へオオヤマレンゲを見に、その3、初めて見るアオハコベ

展望所で皆さんから出されたいろいろなフルーツを食べて一息入れます。

ここからは寒風山が良く見えるはずなのですが、ガスで視界はせいぜい10mぐらい?

学生時代に谷川岳を歩いた時、5m前を歩く仲間がガスでぼんやりとしか見えなかったことを思い出します。あれも6月ごろだったかな~?

そんなことを考えていると、上から一人下ってこられました。

私は人の顔をなかなか覚えられないほうなので、「見たことある人だな~」とは思ったのですが‥‥皆が「fさん」と名前を呼んだので、それで思い出しました。確か2~3年前の冬の石鎚でお会いして以来かな?fさんは下にオオヤマレンゲが咲いていると私たちが言ったもので、下に下って行かれました。

さて、水分補給もしたうえ、まだ急な登りが控えているので、おむすびも一つ食べて登りに備えて出発です。

出発は11時44分。

P6098094

続きを読む »

裏寒風へオオヤマレンゲを見に、その2、オオヤマレンゲは咲き始め

休憩した三角点辺を9時38分に出発します。ほんの少しだけ平坦地を歩きますが、その後すぐに急登になってきます。

7年前に一緒に登ったRさんは今回が二度目なのですが「こんなにきつかったかな?」と言いながら登っています。そのときは5年ぶりぐらいかと思い込んでいたのですが、たとえ5年にせよ、5年経てば体力はかなり落ちてますからね。しんどいのも無理はないです。

花もほとんど咲いてないし、このコースはオオヤマレンゲが出てくるまでは地味なコースだったな~と思いながら、登っていきます。花がたくさん咲いていれば、撮影時間が良い休憩代わりになるのですが、花も咲いてないので、せっせと登るよりありません(^^;)

ギンリョウソウがやっとこさで咲いているのを撮影しながら登っていると、上のほうでシャクナゲの綺麗なピンクが見えてきました。

P6098033ge

続きを読む »

2018-06-21

裏寒風へオオヤマレンゲを見に、その1、登山口はガスの中

寒峰に登った翌週はどこへ行こうかとちょっと迷いましたが、そろそろオオヤマレンゲも咲きだしているでしょうと言うことで、裏寒風に行くことになりました。
裏寒風という山があるわけではなく、寒風山を通常の登山口ではなく裏側から登るということなんです。(^^;)
最初に登ったのは2011年のことで、記録はこちら

2度目は2015年で、記録はこちら

P6098046

続きを読む »

今年も寒峰に登る、その4、大ブナを見たら西尾根を下る

寒峰峠へ下る途中に大ブナがあるはずです。

去年は登りの途中でこの大ブナを見たもので、時間的な余裕や精神的な余裕がなかったのか、大ブナをあまり観察しませんでした。

P6037846

続きを読む »

2018-06-20

今年も寒峰に登る、その3、林道から寒峰へ登る

下ってきた林道にはYさんのご主人の車がデポしてあります。

2年前には車は別場所にデポしてあったので、いったん林道に下ってきたところから寒峰の登り口まで林道歩きをしたのです。でも、今回は車があったので、ついつい車で登山口まで移動することに・・・。

さすがに車で移動すると、移動時間はものの10分でした。

P6037801

続きを読む »

2018-06-18

今年も寒峰に登る、その2、寒峰台地

マドの天狗山頂に着いたら、もちろん休憩です。

2年ぶりに登りましたが、結構、きつかったです。でも、まだこれよりきつい寒峰への登りが後半に控えているんです。行けるかな??

空を見上げると、もうすっかり夏の雰囲気・・・・

P6037720

続きを読む »

2018-06-16

今年も寒峰に登る、その1、2年ぶりにマドの天狗を踏む

2年前にマドの天狗経由で寒峰に登りました。

が、そのときはデジカメにメモリーを入れ忘れるという大失態で画像を撮れず、おまけにスマホのログも取れずという有様で、ブログにアップすることもできませんでした。去年は別ルートで寒峰に登り、これは去年の記録に残してあります。

今年はどういうコース取りで歩くか、配車はどうするかということで、Pさんをずいぶん悩ませてしまったようです。前日になって、岡山のYさんたちが配車してくださるということで「どういうこと?」と思いながらも、参加しました。

決行は6月3日、2年続けて諸事情で登れなかったRさんも今回は参加できそうです。加えて高知のGさん、Bさんご夫婦、岡山からはYさんご夫婦にFさんという8人のメンバーです。

P6037746

続きを読む »

2018-06-15

10年ぶりに笹倉湿原へ、その5、帰りに寄り道してツマトリソウを見る

金山谷の駐車場を出発して、帰りも土小屋でトイレ休憩ついでにコーヒーでも飲んでいこうかという話になりました。

P5267642

続きを読む »

2018-06-14

10年ぶりに笹倉湿原へ、その4、下山そして白い花々

下山は通常のコースで下山します。

一足先に下って行った愛大の学生さんたちはさすがに若いだけあって、あっという間に見えなくなりました。

P5267591

続きを読む »

2018-06-13

10年ぶりに笹倉湿原へ、その3、古木

S君に続いて、いよいよ道なき道へと入っていきます。

しばらく歩くと、ワサビの群落に出ました。

P5267525

続きを読む »

2018-06-12

10年ぶりに笹倉湿原へ、その2、若い人たちと出会う

歩き始めて1時間も経たないと思うけど、10年前にも確か休憩した場所で休憩を取ります。

以前はここにもオモゴウテンナンショウがあったと思うのだけど、今はありません。

この日は蒸し暑くなるのかと思ったけど、木陰の中の歩きはひんやりとして熱い飲み物が恋しいぐらい・・・

再び歩き始めると・・・・

P5267480

続きを読む »

2018-06-11

10年ぶりに笹倉湿原へ、その1、原生林の雰囲気

5月19日の集まりで、26日に下るか登る予定だった筒上~笹倉のコースのことで昔の山仲間のS君と簡単な打ち合わせをしていたのですが、その後、Rさんのご主人の都合が悪くなって、キャンセルとなりました。

スケジュールは没になりましたが、せっかくなので石鎚山系のほかのコースでもと思っていたら、S君から笹倉湿原案内ぐらいならできますと連絡がありました。Pさんも笹倉湿原ぐらいなら時間もかからないし、お母さんの具合もだいぶ良くなられたようなので、声を掛けたところ行けそうとのことです。結局、いつもの3人で笹倉湿原に行くことになりました。Rさんは意外にも笹倉湿原は初めてということで、良い機会でした。

集合場所は石鎚スカイラインの金山谷駐車場に、8時集合ということになりました。

香川から土小屋まででも十分遠い所へもってきて、金山谷は土小屋からまだ15分ほど下ったところにあるのは、5月10日に石鎚から下山してきてスカイラインを走ったので、なんとなくわかっていたので、大野原のいつもの場所に5時集合にしました。3時間見ておけば、途中でコンビニにも寄れるし、瓶ヶ森林道で眺めの良いところでは撮影タイムも取れることでしょう。

P5267586

続きを読む »

2018-06-10

上阪の機会を利用して比叡山へ、その6、クリンソウと春の紅葉

石段を下ったところで、ミヤマカタバミらしき葉を撮影していると「花が好きなんですか?」とグループの中のおひとりに訊かれたので「そうなんです「と答えると「クリンソウも咲いてますよ」とのこと。

その言葉を聞いて、10秒も経たぬ間に咲いてました。

P5207438

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく